ヒトリゴト歩き

DESIGNER / URANO TAKAHIRO

November 2007



1

0


僕にとって常々言っていることではありますが、卸し先であるお店様のスタッフ、
そして買って頂いているエンドユーザー様はみな家族です。
僕はそういう兄弟に支えられてこんな贅沢な仕事をさせて頂けている。
そう想ってなりません。

サングラス姿の兄貴です。隣は友達のブランドさんです。
ブランド立ち上げからのTHEE OLD CIRCUSにとっての最強の兄弟分。僕は弟です。
血はもちろん繋がってはいないけれど普段から本当に「兄貴」と呼んでいます。
実の家族ではないけれど、同じ目線と世界観をみれるパートナー的存在でもあり、
流れる血は近いのではないかと思うこと、度々です。
展示会以外でもしょっちゅう一緒にゴハンを食べたり、僕の事務所でいつか先の
未来の話をしたり。
もちろん仕事だから、っていうのはありますけど、仕事を挟んだ仕事外のことまで
一緒に遊べたたり、話が出来たりという方が多いのがうちのブランドの良いところ
だと僕は信じています。モノを作り、伝えていくのは人と人にしか出来ないある意味
においては永遠のアナログ世界であり、究極の部分ではないでしょうか?
人と人が繋がり、お互いの目線や世界が合いさえすれば、楽しいお付き合いが出来ると
信じています。
お店様とお付き合いを始めるに当たり、どういったブランド構成であるかとか、どういった
スタイルが好きであるかなどもちろんじっくりお話はするのですが、もっともっと大切
なことは他にあり、僕らを必要としてくれるか?気持ちの良いお付き合いが出来るのか?
僕が想う家族となってもらえるのか?それを受け入れてくれるのか?そちらの方がとても
僕は大切に想います。洋服はどこまでいっても洋服ですから。
自分は本当に知り合い以外のブランドさん以外は他社様のことを知りません。例えば
ファッション雑誌だとかをほとんど読んだことがないですし、あまり街に出ても洋服屋
さんやそういったお店に行ったことがないからですけど。だからお取り引き様がどのような
ブランド展開であるかも名前では分かりません。でもお店様のバイヤー様やスタッフ様の
雰囲気で気持ちの良いお取り引きが出来ると信じています。
そんなお店様が僕らを支えてくれています。

MY BROTHER
KANAZAWA/ISHIKAWA "VANILLA"様

***
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



僕としては珍しく少し製品についてのお話。
え〜っと今納品させていただいているレザーアイテム(ライダースや袖ニットレザーパーカー)
あとはエナメルダウンジャケット、Pコートなどなど、、、。
いくつかのアイテムでファスナーの滑りが悪いんでは??とお店様からお話を頂きました。
少し釈明です。
採用しているのはとある会社のファスナーで純正の国産物です。
「アサヒファスナー」というところのものです。刻印等ないので海外もので?なんて思ったりも
するかもしれません。
ここのファスナー会社は実はすごい老舗です。現在ではwaldes.という古いファスナーのライセンス
などを持っており、かなりファスナー界ではマニアックな位置に存在します。
ブリッジ止め、特殊エンド仕様などは僕の知る限りここのファスナーしか現行ではありません。
元々、ミリタリーなイメージのものや荒い出来上がりが特徴で「riri」や「YKK」にくらべ確かに
滑りが滑らかという訳ではないかもしれません。ただし、雰囲気がすごく素敵なので個人的には
以前から使いたくて昨シーズンの秋から契約をさせていただき、採用しました。
確かにあまり僕はミリタリーベースだ!とかなんだとか考えてアイテムづくりはしませんが、
ややごついイメージを作りたい時にはここを使わせて頂いております。
滑らかさでない別の良さと捉えて頂けると幸いです。

少し滑りが気になる方はファスナー用の潤滑油がオススメです。
ただし生地に付着してしまいますと、変色や劣化の恐れがあるのでお気をつけて。

こういうパーツは何気に気が抜けません。例えば生地に対するファスナーの色などで雰囲気は
随分と変わるものですから。

僕がファスナーを選ぶ基準
#修理がきくこと。
うちの特徴的な(若干使いづらいとも言われますが)チェーンのついた引手のファスナー。
これは実はYKKの中のハイエンドラインである「YKKエクセラ」です。光沢と滑りの良さが
特徴です。従来のYKKではないコーティングやムシの噛み合わせの作りが好きです。
チェーンはTHEE OLD CIRCUSとしてオリジナルで別注をかけています。
ただしこのチェーンは無理に引っぱると切れてしまいます。引手が剥がれてしまうとスライダー
ごと変えなければいけません。

***ただし、チェーン部分だけでしたら簡単に脱着が可能ですので**************************************
***もし、リペア希望のお客様がいらっしゃいましたらお気軽にこちらか、お店様にご連絡ください*******

チェーンの為に確かに慣れるまで使いづらく感じるかもしれませんがお許しください。

YKKはやはり世界シェアの会社です。修理等が利くのは前述でも書いたアサヒファスナーしかり、日本の
企業の利点です。

現在(過去にも一度だけ使ったことはあるのですが)ririも検討中ですが、個人的な考えとしては
コスト面の問題やリペアなどのアフターケアの問題、納期に時間がかかってしまう(そりゃ海外ですからもりろん)を考えるとビビってしまう部分があります。

いろいろなご意見を頂いてもちろん出来る限り最善を尽くして問題を解消していきたいと考えております。
いろいろな意味で名前にとらわれることなく自分たちの身の丈にあったモノ造りを目指していますので
不思議に思うことや、ご意見やご質問等ありましたら僕自身も勉強になりますので、なんなりとお気軽にお問い合わせ下さい。

今日はお店様からそんなお話になったので珍しく製品についてのお話でした。






このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



流れ着くように今は自分でブランドなどと言ってモノを作っている。

この先に細くてもワイヤーがあるのかないのかはいつだって僕にも

分からないけれど。あればいいな、と想う。

なにか刺激的なモノに出逢った時それらを拒絶しないように準備して
いなければいけないな、と思う。どうしたってそこそこ長いことこの
業界自体には居るのだけれど、やっぱり時々頭でっかちみたいになって
モノを見てしまったり、考えてしまったり。
もちろん沢山の意見を頂いたりとか、指摘を受けて勉強もさせてもらって
いるけれど、自分が思う「かっこよさ」があり、その為にそれを受け入れ
るのか、ただ突っぱねるのか。
なるべくいつも心をニュートラルに置いておいて、フットワークを軽く、
でも絶対的な信念を曲げず。と思う。
でもでも、やっぱり時々恐れを抱いて頷いてみてしまったりとかして・・・。
う〜ん。

さてさて、僕は生粋のジブシーでありたい。
なかなかそんなこと言ったらほんとのジブシーに怒られるな。
すごく憧れるかな。
ジブシーや流れ者。ま、ある意味における流れ者であることは今更間違いない
ような気がするけど。
たまに街に出ると刺激が多いと最近感じた。いつも事務所に籠りっきりだった
からね。外の空気は新鮮。といっても汚いけどさ。少し寂しい。
今は車もなくて自転車生活だから少しは貢献出来てるか?いやいや、今までの
車の排気ガスの分は一生償ったって謝りきれないよ。嫌なものです。
自転車であちこちという訳にはいかないけれど、先輩の展示会や生地屋さんだったり
それだけでも大きな刺激だな。昨日なんかは先輩の展示会でいろいろ話をして
(あんまり洋服を見ないのが僕のいけないとこだけど)
沢山気にかけてもらって、心配してもらっていて、しかもそれは最近逢っていなかった
間でさえも・・・。なんかもちろんうれしくて、まだまだあまりにも自分の力量の
なさも知ってね。なんだかくやしかったりとか。
すごいなって、想ったかな。
いつもうまく言えないけど、僕はいつか恩を返したい。きっとああいう人だから恩を
売ったなんて気持ちは毛頭ないのだろうけど。
数多くの僕の知らない先輩達や知ってる先輩達の作ってくれたおかげで自分たちは
居られると感じた。時代の先駆者でありパイオニア。野茂みたい。COOL!!
負けねぇぞ!ってのと、ありがとう!みたいな。ね。
まだまだ仕事です。もうすぐ0時が近い。いつもそう。気がついたら一日が終わる時間。
起きてる間がその日の一日だとは思っているけど。
まだまだまだまだ、仕事に対しジャンクでジャンキーなまま居たいな。
って想う。



 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




特別な服。特別なモノ。なんだか随分とそんなものが減ってきた世の中なのかなと
寂しくなったりもする時がある。

僕のクローゼットには今でこそ自分で作ったモノが確かに多い。それはそうだ。
でも、大切な想いのあるものはやっぱりいつまでもそこに居る。ずっと着ていない
随分と前のモノ。

特別で大切な想いがそこには宿されているから。いつまでもそれらはそこに居るのだ。
僕自身は実際に直にモノ売る仕事をしてきたから、あまり自分のお店以外でなにかを
買ったことがない。でも自分が買う時それらは自分にとっての大切なデザイナーさんの
魂がこもったモノ達だった。MINDの結晶。
確かに今だったら時代遅れなデザインかもしれないし、今だったらなんて思ったりも
するけれど、どうしてもその場所は昔からそのモノたちの聖域なのだと思ってしまう。

特別なことは決して特別なブランド物とは限らないのではないか?
例えば、きっとプレゼントされたモノってそういう感じ。
同じように、別に特別なことで買ったわけじゃないのに、特別な気分になったらそれは
ずっと大切で特別な存在になると想う。

少なくとも僕の作るモノは特別でないから。
世界一とびっきりななにかを使うことも出来ないし、望んでいないし。
でも、僕にはとびっきりの販売員さんたちがついている。
僕にとっての家族的存在。

僕自身は特別な想いを込めていつも自分の子供達を預かって頂いている気分。

お店に立つ皆様が僕の普通のモノを特別にしてくれていると信じている。

全部が全部簡単なことではない。

もちろんお金もかかるし、商売って部分もある。

でもね、ただの気持ちでなにかを作るなんて僕には出来ない。
一生懸命働いたお金で手にしてくれる商品達。
ありがたい。感謝としかいいようのない気持ち。

どうせなら特別であってもらいたい。

どうせならこもった想いが伝わってくれたらありがたい。

そう想ってならない。

まだまだ、下手っぴだけど。


特別な想いを乗せてモノを作る。

そうでありたい。

僕のクローゼットに眠る先輩達のモノのように。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



千切れ雲ふらふらと夜の空を旅してる

千切れ雲ふらふらと黒と蒼の間を走る

千切れ雲ふらふらと ふらふらと

彼はいつまでも24のままで、とっくに僕はそれを追い越していつまでも
宛のない旅の途中。いつでも彼は彼のまま。
止まった時計。
夜の静寂。

ピエロは踊る。ゆくあてのない旅路の途中で。
きっとそれは定めであり、運命であり、流れであり、意思である。
転がるように、転がるままに。

千の空

千の海

千の夜

千の旅

遥か彼方の見えない道を歩く巡礼者。
終わることなき、砂漠の果てで。
雨を想い、雨を愁い。

灯火の先になにがあるかなんて僕にはわからないのだけれど、ただその
先にあるなにかに向かうより他はない。
他はないという意思の元に。

この街には夜がない。

この街には夜がない。

千切れ雲ふらふらと。

千切れ雲ふらふらと。

ふらふら、ふらふら。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



***MEMO

ただのメモ。



アイルランドに行ってみたい気持ち

スクラップ工場に積み上げられた屑のような車の山の上から
見えた透明な夜景の景色の素晴らしさ

ウッドベース

海際のプールサイドで飲んだバナナジュース

グラスブルー

マインドトゥルー

シャイニーレッドキャンバス

枠のない透明な額縁に入った名も亡き画家の絵

メインテーマ

ウェデングソング

スコール

ずぶ濡れの子猫

叩き付けるスネアリズム

ホットロッドパーティー

ONE

ベロニカ

スーザン

朝焼けのあとのベランダコーヒー

チーズケーキホットパイ

ウェンディーズハイ

チャイナブルー

しわだらけの大切な白いシャツ

途方もない場所までの道のり、その向こう側、その場所、その夢、そのまま

INORI

ベーキングパウダーランド

地下街で万引きを繰り返す男の子

小銭だらけの財布

擦り切れたバイクのシート

THEE OLD STARS

OLD GT

サイドポイント

メキシカンパラダイス

ジョブ

白夜





***MEMO
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


噂の頂いた本を読んでいます。

せっかくなので読み終えたら写真にしますね。

そんな訳で出張中に見たある景色。



0




10続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



数日空けてしまいました。ちょっと出かけていたので。
その間に素敵な本をプレゼントして頂きました。
傷つけないように、と思って送ってもらっています。
近々載せますね。

夜にお酒を飲みながら読書をするのが至福と言うか、
ごく日常に近い趣味の部分だったり、自分をニュートラル
に近づける方法だと思っています。
どうしても仕事に追われて考えるデザインは府に落ちなかったり、
そこに焦りの感情やなにがしかの僕の好きではない嫌らしさみたいな
ものを感じてしまったりします。しばらく紙を眺めて消す。
まぁ、それはそれで常に繰り返される行為なのでしょうけど。

降りてくるイメージをきちんと純粋な想いで受け取れるように
いなくては、そう思います。

なかなか難しいものです。

随分前に買った本を引っぱり出してきて読んでみる。

とてもなにか熱いモノにかられます。

と、あるバントのただのインタビューの収録本。

徹底的に感情だけが先行する音楽。

できるだけやっぱりそうありたいな、と思います。

これもなかなか難しい。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




雨の日だから少し早く仕事を切り上げる。

そんなゆるい会社。

でも、まぁもう0時が近いけどね。

明日から少し出張。

週末前には戻ります。

でわ。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



今は東京に住んでいますが、別にどこにも出かけない。

以前からそうだけど、洋服を見て洋服を作りたいとは思わないのがひとつ。

あと、見てもあまりわからない、実感がない。
あと、買えない。
あと、どこへ見にいったら良いのか分からない。

ダメですね。

先日先輩に「いいかげんにしなさい!」ということで伊◎丹なるところへ
なかば拉致のように連れ出されました。

・・・人が多くて恐い。

ダメですね。

沢山のフロアとブースがあって、いったい何を見たのか分からなくなりました。

気になったものと言えば人が沢山いること。
店員さんが細い事。
すっごいしっかりと一枚のメンズ下着を見ているおじさんがいたこと。
きっとスプーン曲げの次のマジシャンを考えているのかしら?

きっと僕には場違いなのだと想いましたが、世の中には沢山の洋服達があって
すごいな、と思いました。


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ