DESIGN NOTE

DESIGNER / URANO TAKAHIRO

July 2009




***




メールにコメントあとは電話ありがとう。

「なにか」やるよ、やりたいって書いてそうやってリアクションをくれる
みなさんに本当に感謝です。ありがとう。

『なにやるの?』 

『どんなことするんすか??』

何人かと話していたらどんどん話が大きくなったりいつも通り僕らしく話から
おもいっきり逸れてしまったりと。でもこうやっていろんな人が絡んでくれた
らどんどん面白いし(内容が面白いとはあんまり思えないんですけどね)いろ
んな意見が聞けて参考にもなるしやりがいにもなりそうだなと想った。


本というモノに出逢った時の話

17歳の夏で高原での合宿中に試合で顎の骨を折った。
山の上にはレントゲンのある病院すらなくて一晩口が閉じないまま血を流し続
けながら翌日に下山した。たらい回しにされた挙げ句少しだけ実家に近い病院
に入院するハメになった。針金でグルグルと口の中を固定されて一ヶ月を過ご
しその後にやっとオペがあり二ヶ月の間流動食で過ごしていた。流動食っての
がすごくてさ、鼻から管で直接胃袋にいくもんだからなんにも喉を通らない食事
ってわけでとてもつまらない。挙げ句一食分を一度に流し込むと胃が壊れちゃう
から一食分でさえ何時間もかかる。三食まともにそれをやっていたら一日がそれ
だけで終わっちゃうんだわ。
気がついたらその流動食の入ったビンがベットの脇には山積みになっていった。
動きもしないで寝てるだけだから(こっそり屋上や近所に抜け出して筋トレは
していたけどね)お腹も空かなくてずっと食事をしないでいたら、最後には点滴
を打たれたりしてたな。去年体重を10kgくらい落としたけど今に比べたらその
時も10kg以上体重が落ちた。今より多分20kgくらい重かったな。
当時はそんなガッチリだったから今自分が作っている洋服なんて着るどころか
袖も通らなかっただろうし、洋服だファッションだになんてなにも興味すらな
かった。

その運動というかね、骨折の原因になったスポーツがやりたくてそれはもう小学生
の頃から決めていて顎が折れて(その前からヘルニアだの靭帯の損傷だのあったけど)
「もうダメだ」と想った。
ホントに思ったんだ。もうずっと前から当たり前のようにそれしか考えてこなかった
から運動が出来ない自分の居場所なんて想像すらしたことがなかった。
あ〜あ。って感じだったな。

本の話に辿り着かないね。

新聞を読んでいた。ベットの上ですることもなくて。
そんときに大好きなミュージシャンがとある本を紹介していた。そんな記事を読んだ
んだ。本なんて幼少期に「ハチ公」の絵本だけずっとずっと読みかえしていた僕。
親に頼んだんだわ。「この本買ってきて欲しい」って。

こういうところで紹介すんのはどうかと思うから。
メールか電話か直接紀伊国屋にいる僕を捕まえて吐かせて下さい。

「愛ってのは無償のものなんだ」

そうその本には書いてあった。

感謝を求める。
見返りを求める。
だから人は勝手に傷つく。
でもね、本当の愛情ってのは無償であるものなんだよって。
そして自分を愛せない人は決して人を大切には出来ないよって。

それからそれがいつでも完璧に出来る程人間ってのは完全じゃないんだよって。



今でも時々ふと思うと読みかえす。 
僕はあまりにもいろんな大切なことをすぐに忘れてしまうから。
いつも失くしてしまうから。




IMG_4178 


































*** 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote






***






また昨日まで祖母の納骨などがあって離れていました。
なんだかいろいろと続いたりアレコレあったりとか。

そんなことがあったりしたせいかなんだかわからないけど、ふとまた
考えことがアレコレと浮かんできて。それらは以前にも少しさわりだ
け思い立ったことだけを書いたと思うんだけど。
それらはとっても簡単じゃなくて道のりも遠そうで、ともすると途中
で挫折すらしてしまうかもしれないと、ずっとずっとなんとなく先延
ばしに自分の中でしてきていたし、それらを具体的な具現化して行動
に置き換えることに不安と畏れを感じていた。

すごく単純に今までのこと。
今までのことというのは自分のやってきた今までのこと。
思い立ったからそれをやる。
ただそれだけのこと。

いつだってなんだって多くのことはそうだけれど、別に誰からの強制
でもないし、それは今やっているモノ作りだってそうだ。
多くのことは単純なこと。

「やりたいからやってみる」

もちろんね、それはとてもありがたいことで大抵はそううまくもいかな
いであることは分かってる。僕はあまり多くのことに縛られたくないの
か自分勝手から始まるからそれが可能なのかも知れないだけだな。
わかんないけど。

やってみてダメならやめる。

おいおい、そんなに簡単に・・・

でもいつもそんな感じで始めてしまう自分。

ちなみに今日は本編は書きません。

あ!ドタバタしてて紀伊国屋に行っていない・・・。



ええっと。

そんなわけで新しいことを始めたいと思います。
なにかを知りたい方は直接聞いて下さい。
ちなみに僕の中でもなにから始めていいか分からないので聞いて
下さった方は自動的に主力メンバーとして一軍登録となり、近日
中に行われる緊急会議にご参加頂くこととなります。
怖がらずに覚悟の上でお尋ねくださいませ。

特に楽しいわけじゃないし、誰かにとても賞賛されることでもない
です。そのわりには割に合わないことが多いと思います。



先日実家でテレビを観ました。
葉加瀬太郎さんの素敵な曲のあの番組心から大好きです。

ミャンマーで働く(といっても無償です)お医者さんのお話。

無償でやることに対しての答え(僕のうる覚えなので言葉はきっと違います) 

 ー「100%自分に対しての幸せが返ってきているからやるだけなんです」

こんな感じの答えだったと思う。

無償

ある人の本を昔読んで、それは正確に17歳の夏だったことを憶えている
僕はベットに何ヶ月か寝ていなくてはいけなくて(原因は顎の骨折だったんだけどね)
あまりの暇さに本を親に頼んだ。
今では本を読まずに寝る日などないのだけれど、その日がきっと本当の意味での
初めて本を読んだ日だったと思う。 


なんか今途中で煙草を吸いに事務所から出てこの続きを考えたら長くなりそうだ
から今日はここまででまた明日以降で。



一軍選手募集します。

しかもいまなら開幕一軍ですよ。




IMG_4166 































*** 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote





***



所用で事務所を離れていて書けませんでした。

ごめんなさい

明日からまたきっちりと書きますのでしばしお待ちを。


しかし東京ってのは暑いですね。



*** 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote






***



いろいろとちょっとした動きが少しあるかもですね。

なにかとかは書きませんけど。

ないかもしれないしね。




辺りをゆらめきが包んでる

ずっとずっと包んでる

ゆらめきはかすみが掛かってて

ぼくはそれに目がくらむ

遠くに見た最後の灯は

誰のこころにもあるものだった









IMG_4172

























***


 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote





***






IMG_3670







































どっかの空では鳥が鳴いてるだろう。

どっかの空ではつばさを広げて。

どっかの空で唄ってる。



細かい仕事も多くて実際的にデスクに正面から座れる時間は限られてる。
書類整理も段ボールの片付けも朝のゴミ捨ても内職仕事も、全部全部。
落書き的な絵を書くことも、文字に置き換えて遊ぶことも空想に耽って
しばらくささくれた壁を見つめ続けることさえも。

夢の続きがどこからだったのかなんてもう忘れちゃったけれど、どうしようも
ないことばっかり起きているわけじゃないと信じてるよ。

明日のことだって僕にはなにも分からないけど、目の前にあることを雪かき
みたいに片付けるだけ。
スコップもなんにもないから雪だるまつくるみたいにコロコロころころってね。
どんどん大きくなって独りじゃ押せなくなって。
結局のところそれが真実だとしても僕はきっとそうするな。
コロコロころころって。ずっとやると思うんだ。

それしか僕には出来そうにないから。
そんな気がした。





*** 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote






***










***






 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote



***





えっと、アレコレと考えていてもっともっと皆さんやいろいろな
人とよりなんかこう密接な繋がりが欲しいなって想っていてそれを
出来るようになにやら出来ないものかと・・・。

ま、いつも通り構想や理想はいろいろあんだけどなにしろ上手くそれらを
まとめあげていくことが出来ない。

出来ない理由も様々で単純にいつも時間が足りなかったり、僕があらゆる
ことに関してすぐに忘れがちだったり別のなにかを想いつくと頭があっと
いう間にそちらへシフトしてしまったりだとかいろいろある。

だいたい書き物をしていて書いた端から忘れていってしまう性格だから
メモにしてもメモしたこと自体を忘れてしまう。

モノ作りをする者としてモノに置き換えたから「わーい」で終わるのでは
なくてその先があると信じていたい。
いわゆる『いい歳』だとしても、そういう自分で居たいと思うことがある。

感動の共有とかって唄とか曲とか劇とか舞台とか。
ああいうのって素敵だよね。
例えばライブとか舞台とかで演奏者や演出者がいて終わった時すごい拍手が
あったりとか。

僕が求めているのはそういった賞賛ではないのだけれど、なにか同じ目線で
話が出来た時やなにかにみんなで触れ合った時とかに例えば一緒にその場に
いなくてもそういうことってあり得るのじゃないかなって思うんだ。
あり得るならそうなれるように。
それがきっと難しいことくらいは分かってるんだけれど。


珍しく涼しい日が今日はやってきて、外が涼しいとうちの地下の事務所は
とても暑くてね。なんか不思議だな。
タフじゃないといけないとつくづく思う。
僕の心は弱いからせめてタフになろうと努めたい。
出来るかどうか?
やってみるまでそんなこと誰にだって分からないでしょ。

と、まぁいろいろと思うんですわ。





***




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

***




ゴルフとか全然やる気もないし(いつかは分からないけどね)練習場で少し
打ったことがあるくらいで(でもとっても難しいと体感したな)いろいろは
分からないけど、幼少期からテレビでゴルフを観るのは好きだった。

大きな緑に囲まれて自然の中で遊んでいるということ。

もちろんね、森林伐採だの環境どうこうもあるのだろうけど。
それはとりあえずおいておいてね。

お金持ちのスポーツってイメージもあるな。
英才教育的な部分もあるだろうし。

ま、そんなのはスポーツを観る時はちょっと頭の端に避けておいて。
F-1とかも好きだしな。


全英オープンのせいでしっかり寝不足に捕まったりしていました。
石川リョウ君も残念だったし(でも観ていてとても楽しかった!)タイガーウッズも
残念だった(あれはびっくり)
ワトソンがすごいね!!ホントにかっこいいなって。
59歳って年齢ですごいとかってスポーツ選手には言いたくないのだけれど。
同じフールドに立っている以上、競技が始まった瞬間からもちろん全ての選手は
同じ立ち位置になるのだから。
と言いながら、やっぱりああいうベテラン選手が一線で首位なんかでいられると
ゴルフを知らない僕でもとても熱くなって深夜も三時を過ぎているのにテレビの
前から動けなくなってしまって。あげくお酒も連動して長時間になってしまうから
ちょっと飲み過ぎちゃったりするみたいだ。


そんなことしてる場合じゃないんだけどね・・・。

日曜日や祝日は紀伊国屋には行きません。行けません。
だって人がきっと沢山いるから。
そういうところはどうにも肌が合わないようで。


日差しから逃げるように今日も地下で仕事をします。

今日も21時から最終ラウンドなんだよなぁ〜。



***
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote




***




東京ではカエルの鳴き声が聞こえない。
特にこんな場所では、それはとても不思議なくらい寂しい気持ちにもなる。
ずっとずっと田舎で育ったから窓から聞こえる当たり前の声がないことに
少しうろたえたり違和感を憶えたり、そもそも夜になっても暑いままのこの
不思議な土地で。

今では時々半袖の服も着る。
といってもまだ今年は着ていないけど。だって今日も電車に乗ったら急に
エアコンが寒くて着ていたカーディガンが助かった。なかったらきっと明日
は肩こりがいつもよりひどかったと思う。

元々は半袖の服は着たことがなかった。
お店にもあんまり置いてなかったな。
よく夏場の店で
「夏は開店休業だからね、売るものないから」

ホントにほとんどなかったね。
夜になると真夏でも随分と涼しいから必ず長袖を持って歩いていり着ていたかな。

温暖化とかもあるし東京って場所はあまりにもびっくり暑いんだ。
あとは湿度も高いから驚く。

さっきまでエンジニアブーツで夕食を食べ終わったらなんだか暑くなってきたから
サンダルにしたんだけど、エアコンで肩こりじゃないけど素足にサンダルで一日
いると今度は血行の悪い僕は今度は足が冷えて翌日調子が良くない・・・。

まったく見た目より遥かに体が弱いことにびっくりする。
困ったこまった。

入れ墨とかも見えるから肌の露出は人前の街ではなるべく控える。
元々そんなに見えるところに入ってもいないけど。

えっと話がそれてる。

いつもそうだ。

カエルかえる蛙。

この間スクーターに乗っていて驚いたのはとてもエンジン近くは熱いってこと。
(当たり前だね)
『こんな一台でこんなん熱いんや!』って普通に思ったわけです。
もちろんもっとエンジンのおっきい車やバスやいろいろな乗り物や冷蔵庫とか
エアコンとか・・・あとはよく考えたら35℃〜37℃程度の体温の僕らも熱を
発しているわけで。やっぱり温暖化とかって当たり前やなと思ったわけ。
かといって乗り物好きだしいけないんだけど。

どんどんどんどんこれから温暖化していったら大変だなって。
もちろん僕の大好きなペンギン君とか(僕は本当にペンギンが大好きで水族館
とかではペンギンだけで2時間観ていられます。あといつか冷蔵庫で飼ってみたい
ってずっと公言していたんだけど「可哀想だから日本で飼えてあんまり水がいらない
-時々水浴びさせればいいらしいです-ペンギンを飼いなさい」って言われていつか
それを実現させたいと思っています。書き過ぎるのでまたこれはいつか)も困る
だろうし、白クマ君も困る。いろいろなことが困る。

革ジャンとか着れなくなるかも。

困りませんか?

ホントは世界規模のすっごい大変なことだからみんなで取り組まないといけない。
けど、身近なとっても困ることから考えたらやっぱりちょっとやらないとって
思った。

やっぱり革パン穿けないのはきっと困るから。




えっとやっぱり何が言いたいのかさっぱり上手に書けてないな。
困った。

まぁいいか。

最近気がついたから今年は作れなかったけど来年の夏は(早いな!!忘れちゃうよ!)
サマーニットとかがいいと思っています。よくよく考えたら毎年僕は夏になると友人
の作ったニットを着ています。別に夏ものじゃないんだけど。
どうしようもない暑い日でも素肌の上にニットを着ているとなかなか涼しい。
編み物で風通しも良いですからね。

随分と先の長い話ですな。

コメントくださった旅人さん!
コメントの返事に書こうと思って忘れてました。
この間のブログでブライアンセッツァーのこと書いていた日ありましたよね。
偶然あの日僕は中古のCD屋さんで久々に聴きたいなぁって思って(古いものは
持っていたんですけどここ数年のは買っていなくて)買ったとこでした。

ブライアンセッツァーは真夏とクリスマス付近に聴きたくなります。
やっぱりグレッチが似合います。
何度か生で観ましたけど楽しかったなぁ。

もちろんストレイキャッツもいいですけど。
今日はオーケストラで!!

って思って映像探してたらこっちもいいので3ピース版も!!
って観てたら途中から・・・

大変なこと沢山いっぱいきっといろいろあるけど、まずはノリ良くいきましょうよ。
















SLEEPWALKは大好きな曲です。













***




 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

***




風が強い一日で紀伊国屋の二階の通路はとても気持ちが良かった。 

所用もあってあまり長い時間は入れなかったけど、フラフラと本をみてまわった。

霞んだ空はとても都会的なものだけど、時々はこうして気分の良い景色をくれる。






090714_1707~02





























***






 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ