DESIGN NOTE

DESIGNER / URANO TAKAHIRO

September 2009








***





ダサいくらいがちょうどいいといつも思うんだけど。
それがとっても難しいってことも知っている。
今日はホントのヒトリゴト

珍しく朝を少し早めに起きてみたら曇り空に昨夜の雨の跡。
たて続けに煙草の煙を吸って空の向こう側をみようと思ったけど
もちろんそんなものは見えるはずもなかったんだ。

RADIOからはなつかしい唄が流れてきた。
なんとなく違和感があったのは昔聴いた原曲じゃなくてなんだか
少しアレンジされたヤツだったからかもしれない。

年齢がバレるかな。

まぁいいかな。

なつかしい曲
















*** 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote




***







IMG_3959






















































昼間にはまだ夏の虫の音が聴こえて、深夜に煙草を吸いに外に出ると秋の虫が
泣いている。そんな季節にいろいろと想う。
朦朧とした頭ではなにも考えることが出来ないけれど、漠然とした想いだけが
頭に中を占拠する。事務所の中ではユーカリのお香が炊かれていて白く濁った
煙がたちこめる。ある朝に目覚めてみたら世界は静寂へと変わればいいのにと
ありもしない夢の中のから起き出して石を削って火をつける。彼は今日も彼の
世界を飛び回り灯火を注ぎ続ける。自分はどうだと振返ったときそこにはなに
もないことに気付き愕然として、また驚愕することとなる。
目の前に広がった紙のきれはどこに辿り着くのだろうか。宛のない手紙が宛先
不明のまま多くの配達員の手に渡りながらその四隅を汚していくように、消印
の見えなくなった送り主はそれを知らずにいるまま。
手帳には沢山の手紙と仕事宛に届く書類が挟まれている。片付けられることも
なく行く宛てもないまま静かに眠る。昨夜からなにも食べていない胃は時々悲
鳴にも似た声を上げるがそれすらも億劫でなにもかもを放り出していけたらい
のにとさえ想う。
片腕をなくした詩人の唄。帽子を忘れた騎兵隊。白く汚れのない人形。
あと少し、あとすこしといつも言い聞かせる。
「あとすこし」
終わることのない輪唱のように。それは続くのかもしれない。ラジオからもな
にも聴こえずにいる。耳を塞いでも音楽は溢れ出してくる。
耳を塞いでも音楽は。






*** 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote










***






朝一になんか書けたらいいなと思いつつ、こんな時間。
いつももそうだけれど、一日で片付きそうな蟻塚の山を眺めながらもちろん
そんな風にコトは簡単に運ぶわけでもなくてフラフラと一日が終わる気配を
感じ始める。

単車にも乗りたいけれど、今目の前にあることを終わらせてからゆっくりと。
そんなことを思う夜。月明かりは見えないけれどいつだって降っている光が
あることを信じていたいと思う。

今日来てくれた方はとってもいろいろと気を遣ってくれて僕の足りない頭に
はなんにもなかった様々な提案を僕に投掛けてくれて、それでいて最後には
「でも、あなたがやることの力になりたい」と言ってくれた。

大切なFAMILYが様々な場所で僕が想っている以上にアレコレと考えてくれて
いてくれて僕はそれに驚くと同時に深い感慨と感謝の念をおぼえる。

以前はこんな風にまで想ったことがなかったら余計に不思議でもありうれしく
もあるってこと。僕の今はただのモノ作りの人間だけれどそこからその外側に
は沢山の大きくて強い輪の存在があるってこと。それを最近はしっかりと目に
見える程の力強さで感じる。いっつも馬鹿でミスってばっかりいる僕だけど。

ピンボールみたいに跳ねたボールが帰ってくるときに大きくなっているみたい
なそんな感じかな。ゲームとしてならきっとそれはダメだけどさ。

爪が伸びてきた、タイプライトがしずらいのだわ。

机の上には無数の生地の見本とボタン帖とアレコレと必要な細かいパーツと
一冊のマンガの新刊と手帳と筆箱的なモノ。煙草が三箱と100円ライターと
(悲しいことにお気に入りで数年使っていたライターが近年消えた・・・)
携帯電話に近所のお祭りのくじ引きで当たったチープな時計。
数年前までの絵をまとめたブック、福井から届いた小さな天使の成長のCD-R。
散らばりまくっている現在の企画の絵、そして絵。

毎日終わりの時間に片付けて出社してから毎日散らかす。
不思議な日々。

その不思議さは今、自分がここにいるということ。
奇跡、偶然、ラッキー、アンパーフェクト。

セルフのコーヒースタンドで熱い湯を注ぐように生きてきたつもりだけれど。
それにもきっと価値があったのかなって今は想う。
もちろん結果としてあったのだな。

楽しいことしか僕は知らんのだけれど。
それがとてもありがたい。

いつも感謝の日々を。







*** 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote









***





近年体力不足で今日はさらにかなりフラフラなんですけど。

ちょっと所用もありで「ザ・紀伊国屋シンジュク店」に行ってきますね。 

久しぶりだけどあまり時間がないから少しだけになりそうだけど。







*** 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote











***






先日少し用事があって横須賀に行ってきました。
厳密に言えば横須賀からは少し外れたところなんですけどね。
理由はそのうちにでも



海の近くになるにつれ風は強くなってとても涼しくなった。
最後には手がかじかんできて薄着で気楽に行ってしまったことを
少し後悔した。そして同時にとても好きな秋の風を感じることも
出来た。 



うちの事務所では最近は少しサボっているのだけれど基本的には
「金曜日はカレーの日」となっている。
昨年なんかは僕自身が必ず作っていたけれど最近はなんだか忙し
さに理由をつけてサボってしまう。また作らねば。 





090919_1644~01 


















ということでせっかくなので本場ヨコスカ海軍カレーを
高速道路のPAで頂いてきました。

スタッフと二人

「うんうん、うまいね!でもなにが違うんかねぇ?」

金曜日ではなくて土曜日でしたけど・・・。

SILVER WEEKも後半ですね。
ぜひ気をつけて楽しんで。







*** 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote









***




長らく続いた体調不良からなんとか少しもちなおしてきてようやく
頭が回転を始めたのを感じる。
とはいっても別段仕事の蟻塚を崩しては積み直す作業が止まっていた
わけではないけれど。

痛みや不具合で感じることの多さ。
生きている、生かされている証拠みたいな痕。

どうやら明日からは連休みたいでそんなことにも最近気がついたのだ
けれど、少しくらいどこかに行けたらいいなとも思うんだ。

最近の朝は独りでデスクに居ることが多い。
朝から特別に沢山の仕事をするわけではないけれど、一日の雰囲気や
流れをのほほんと決めながら、もちろんそれ通りにいくことの方が
とても少ないのだけれど。

頂いたメールを読みかえしたり返事をしたり。

煙草のケムリを眺めながらなんとなしにいろいろなことを考える。
前の日の夜遅くに琥珀色の飲み物が喉を通って頭は一瞬クリアになり
そして夢の中へと入っていく。あれこれを現実と理想が交差する。
信号待ちでの点滅信号のように頭のなかを沢山の人が小走りで横切る
僕は道を渡らずにそれをじっと手前で見ている。歩き出せずにいる
自分と赤に変わる寸前で慌てて走り出す自分。どこにもいかない
想い、願い。灯を囲む様々な家族が見える時僕はとてもホッとする。
そこにある灯に、輪に。
ただ、ただそう想う。




体調がすぐれなくてさすがに先に体を治すのが優先だと感じて
しばらく欠かさずに続けていた筋トレをすこしばかり休んでしまったり
ここになにかを書き残すことができなかったり、そのくせお酒を寝る前に
飲むことや煙草を吸い続けることはやめられなかったり。
読書は少しはしていたけれどいつもよりは随分とそれも叶わなかった。 

いろいろと期日までにまとめたい資料もあってそれも間に合うか不安だ。
さてさて、仕事します。







*** 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote








***









どうにも体調は元に戻らなくていて、頭は時々痛んだり空虚な時間を作ったり
していてあまりにも仕事が捗らなくて。

右の蟻塚から山を崩し左の蟻塚を作る作業。

アレやコレややることは本当に沢山ある。
それはうれしいこと。

体調が戻らずバイクに乗れないのはとても辛い
仕方ないけど。

少し復活したらちゃんと書きます。

何度も書いて何度も消して。
文字の続かない日だから。






せめて音楽でも。





 








*** 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote










***





幸せの風に乗ってどこまでも、どこまでも飛んでいくように。

二人の灯火が消えないように。

沢山の祈りと願いを込めて。


「呼んでくれれば行ったのに」

と言ったのは本音ですよ。


でもまたきっと近いうちに逢えるし、僕らも行きたいと思う南へと。



心からおめでとうございます。



おめでとう







IMG_2097




























遠くから心の近い場所で幸せを祈っています。











YU-ちゃんへ  そして花嫁さんへ











***
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote








***






この間からしばらく考えていたんだけど、どうしてもリストを作る
暇と時間がなくて、でもどうせ待っていたって時間が勝手に降って
くるわけでもないのでとりあえず寝る時間を少し削ってリストを作
った。

昨日届いた人には届いたと思うけどいきなり一斉メールを配信して
みました。

早速ですけど、アドレスが変わってしまっていたり一度Garage EDEN
来店して頂いてアドレスを書いてもらったのにちょっと僕の文字判断が
悪いのか送れなかった人もいた。ごめんなさい。

一度顔を合わせたことのある方、一度でもメールを頂いたことのある方で
昨日メールが届かなかったぞ!!という方がおりましたら(いるんですけど)
お手数ですけどメール下さい。HPの中にアドレスありますし info@circus-hp.com
でもOKです。

お返事下さった方ありがとうございます!わざわざすんません。
感謝致します。


で、こちらご覧頂いている方でもメール欲しいという方がおりましたら
お気軽に御一報メールを下さいませ。アドレスだけでもOKです。


ちなみにコレといったお得情報などはきっとないですけどね。いや、時々は
あるかもしれません!ないだろうなぁ。そういうのあんまり好きじゃないし。
要は直接なにかあれば気軽に話が出来る環境が欲しかったり、自分のワガママ
だったりとか不特定多数とのツールの生活の中でもう少し、もっと少し。
せっかく観て頂けるのであればより距離感が近い方がおもしろいと単純にそう
思う訳です。

月に一度とか二度程度の不定期配信にはなってしまいますがこのBLOGとは
また一面別のことを書けたらいいなと思っています。




より小さなコミュニティゾーン



[ Little magazine ]

えっと昨日のには名前がありませんでしたので今つけました。
次回はVol.2ですね。

 

不定期配信希望の方 >>> info@circus-hp.com 





























*** 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote










***





気がつくのに少し時間がかかった。
もしかしたら昨年も同じことを書いたかもしれないしその前も同じかもしれない。

その日僕はまだ田舎にいて決まった曜日のバンドの練習をしていた。
もうこの時期だと東京とはちょっと勝手が違って夜はそこそこと涼しい季節だ。
練習場としていたスタジオの持ち主が酔っぱらいながら入っていて
「大変なことが起こったぞ」と言った。
酔っぱらいのいつものことだとあしらった。

それでも少し気になってしばらく練習をした後でドラム叩きの車についていた
カーテレビを見に行った。

映し出されていたのは飛行機がビルに突き刺さる映像。

繰り返し、繰り返し。

例えばそれはそれを感じた人の心に消えることのない傷を残した。

でもそれはもちろん別の場合もきっと同じだろうと思う。
例えば小さな知らない街や国で起こっている戦争、諍い。
酔っぱらい運転で偶然にも事故にあったなにも悪くない被害者。
むしゃくしゃして「誰でもよかった」という「誰か」になってしまった人。

もちろん死にいたらないとしても誰にも消せない深い傷をつくることがある。

もちろん

もちろん



戦争も紛争も終わらせなくてはいけない。
核廃絶なんていうもの当たり前。

これは個人的意見

日本は全ての武器を放棄したらどうだろう?

-じゃぁ誰かが、どこかの国が攻めて来たらどうするの?
もちろんなにもできないでしょうね。

でもそれって攻めた国はかっこ悪いと思いません?
なにも持たない子供に暴力を振るうことと同じではないでしょうか?
恥ずべきことではないでしょうか?

世界のみんなが武器を棄てる勇気を持てばどこかの国を攻めるということ
誰かを殺すということ、戦争をするということ。これはみなカッコわるい
ことだと気がつけばいいんだと思うんだ。

勇気を持って武器を棄てること。
できないのでしょうか。 

できないのでしょうか?


いろいろなことを想い出す日である今日はいつもの今日と変わらないんです。
だからホントはいつだって、毎日だってそう想うべきなんです。
僕もいけないと思います。祈りを欠かす日があることを。

空はひとつです。 

もっともっとやれることがあると僕はそう想ってしまう。


















僕らは音楽も出来ないし唄うことも出来ない。
ただのモノを作るだけ。

なんにもいつも伝えられもしないかもしれないけど。

でも、でもって思うんだ。


カッコ良くいたいっていつも想って

カッコ良くなりたいって

いつもいつも。











*** 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ