DESIGN NOTE

DESIGNER / URANO TAKAHIRO

September 2010







***







STAFF イタウ君が呟いた。

「やべ、あと五分で煙草が値上がる」



そしてバタバタした今日がまた終わる。








***




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote











***








山間の道はすごく寒くてとても空気が違うことを感じてきたりした。

どちらかと言えばあまりわいわいとした雰囲気が得意じゃないから
少し静かな時間を過ごせて楽しかったと思う。

帰りがけには随分と雨に降られたけれど。

それはそれでまぁ仕方がないものだと思うし、行きにあった晴間に
感謝しようと思う。



時間の狭間の中で生活していて、毎日の暗闇の中にこれだけの静寂が
あるってことを改めて感じる時間。同時にこの街の明るさの異常さを
感じずにはいられない時でもある。



事務所に帰り着きまだ自分に時間がある有難さを知りながら、また今
デスクに向かう。あと少しの距離が縮まらないまま紙を広げる。


ペンが動くのを待って。


電話が鳴る。
いつもの風景。
誰かが来る。
いつもの日常への帰り道。
朝が来る。
感謝の日々。


感謝の日々。







***









このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote







***






こんな朝ちゃんといつも雨がやむ。

ありがたいと思いながら路面が乾くのを静かに待つ。

のんびりと出来るかはわからないけど。

楽しいといいなと想います。






***








このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote









***












この時期というか自分の仕事のサイクルの中で深夜まで朝方まで仕事が
続くということがある。ルーティーンのようにそれは廻ってきて。

結局のところもう20歳を越えた辺りからずっとこんな夜型の生活が続い
ているのだから、今更早起きしてというのはむしろ体が拒否の反応をす
るのかもしれないってこと。

昼間には蟻塚のようになっている事務の仕事を片付けながら過ごすこと
が多く。日が陰り出した夕方過ぎくらいからはやはり同じように積まれ
た別の蟻塚を崩す準備に取りかかる。結局のところその時間も塚を崩す
準備をするだけでそれは広げられたまっさらな白い紙に、「次に描くべ
きモノ」の順番を決めるような代物の仕事だ。

結果事実的な仕事に就き出すのは完全に日が消えて、辺りの家の食卓か
ら一日の終わりを告げる賑やかな声が聞こえ出すくらいの時間からとな
る。それからが僕の時間。

そしてまた今日も今日が終わる間際の今。
一番エンジンが調子を取り戻し僕はせっせとペンを走らす。

いつもありがたい今日が偶然にも自分の前に転がっている。
毎日、時には明るくなった空を見ながらベットに入る時、確定ではない
次の日のことを想う。そして今日で僕の今日が終わったとしてもいいのか。
もちろん悔いだらけであることは明白でもそれでも今日は目一杯の今日
だったのかといつも想う。

毎日が毎日のまま今日も足りない。

それもまたありがたい渇きなのだと自分に言い聞かせながら。





writing by JOHNNY BROWN







***







このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote









***








知ってる人は知っている。

僕の顎がガラスのアゴだってこと。

正確に言えば顎関節なんだろうけど。

ずいぶんと昔、今からだとそう言えばもう15年も前か。

今ぐらいの夏の終わりまで入院してたっけ。

顎が折れた夏の日から。

芝生の上でさすがに起き上がるのが辛かった。

そんときはアドレナリンも出てたから痛みなんか全然分かんなくてさ。

ただ口が閉じなくて、なにもしゃべれなくて、血だけが口から溢れてた。

痛かったのはその後の2度にわたるオペとオペ前の処置かな。

でもそれよりもその時からまともにRUGBYが出来なくなったことの方が、

そして2ヶ月の入院中には流動食で、それすらも放棄して点滴生活で気が付いた

時には随分と筋肉もなくなっちゃって痩せた自分の体を見た時の悲しさだ。

もう目指せないなにか。

それから僕は痛覚を忘れたらしい。

今じゃ刺青の最中にも寝れるくらいだもの。

あの夏に痛みを全部置いてきたらしい。

全部あの夏の芝生の上に。

あの時の夏ももちろん暑くて、でも退院した時には今くらいに涼しかったっけ。




ツーリングの疲れのせいか、日頃からの歯軋りよるせいか、堅いもんでも
食べ過ぎたか、寝不足のせいか、しゃべり過ぎのせいか、あのせいか。

口が半分くらいしか開かないみたいなんだわ。

まぁ不便ってこともあんまりないけど。
軋む音が少し気になってイライラするくらいかな。

今は深夜の2時の少し前。
まだまだ仕事は終わらないぜぇぃ。





またしばらく経ったら死んだあいつに逢えるかな。
秋の風を感じるといつもそう想うんだわ。













writing by JOHNNY BROWN







***
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote









***











とあるきっかけで先日9/11は
PEACE PARADE なるものに参加させて
頂きました。サーカスチームとしては僕とイタウ君とあとはFAMILYの
2人(緊急強制参戦)計の4人で。


なかなか大勢で走る機会もないし、楽しい夜になりました。
合計100?の道程を100台くらいでの走りはなかなか気持ちの良いもの。


しゃべって走って、休んで、しゃべって、また走って。

木曽さんありがとうございました!!あと石塚さんにはこの縁を頂いた
のでこっちもマジで感謝です。


走りは深夜まで続いて帰宅したのは深夜の2時過ぎ。

翌日は朝イチ出発で長野県は伊那市での野外イベントBEAUTIFUL WORLDへ。
片道250?オーバー。イベントへ向かう途中で休憩がてら僕の専属のヘア
メイクさんTHEE OLDMAN STREETへ(滅多に髪の毛はいじりませんけど)
あっちゃんCOFFEEごちそうさまでした。連れの2人がわざわざ東京、静岡
から来て次は髪を切ってもらうみたいですよ(笑)店のカッコ良さに感動して
ました。

伊那市FAMILY MELLOWさんへとチケットを受取りに行ったイタウ君とこれ
また昔馴染みが揃ってる待ち合わせのガソリンスタンド出光へ。
カズオミもてっつんも相変わらずだな〜。

イベントへと到着。
リョウタロウすごく成長したんだねぇ、なんだかとてもうれしかったなぁ。
CAPITAL UNIONオリハシ師匠(師匠に関してはまた後日しっかりと説明します)は相変わらず
のパフォーマンスの高さだったなぁ。とてもCOOL。
久々逢ったTERRYことニベさんはプライベーツと一緒のステージ格好良かった!
ババチンのBLACK BERRY BARにはいつもの面々が居てうれしかったし。
駐車場でMACO(昔一緒にバンドをやっていたときのギター)と出くわすし。
BAR7CAFEのホマレも相変わらず、トモタカも相変わらず。
やっちゃんやMUSKELの面々などなど変わらない昔馴染みに逢えてうれしく
なった。WAKAOさんやTRIP YAWARAちゃんもね。
22時、結局ライブ終わり直後に降り始めた雨があり、余韻を残したまま一路
実家へ。
3時過ぎまでイベントと走りの後奏の中で軽く打ち上げをして。


翌月曜日はこれまた昼前から今度は同じ県内長野市へ移動。
向かう先はもちろんRINGさん。
同じ県内とは言え縦の猛烈な長さを誇る長野県片道120?のなかなかの
大移動・・・そしてそこからのまさかの中央道折返しで東京へ。

どうやら累計800?近くを3日間(厳密に言うとほぼ2日?)で行ってきました。
説明はいらないと思いますが日頃の運動不足の体もあって体は現在修復中です。



とりあえずドタバタの週末報告。
もっともっとちゃんと今度書くわね。

でも、あ〜楽しかった。
その分遅れた仕事を一気に取り返すぜぇィ。
ってことで今日もきっと朝方までデスクに向かうのだわ。






いいステージ沢山のイベント出演バンドから少し。



























なんだかLINKだらけになっちゃったな。

また今度は写真も載せて書きますね。







writing by JOHNNY BROWN










***






このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote










***










もう9年も前になるんだね。
あの日のバンド練習の途中で見たあの映像。
あの事実。

今日の新聞にはあまり関連した記事は見当たらず、きっと明日なのか
それとも選挙の話題の方が現実的なのか。

宗教のことやいろいろ国同士のことや諸々いろんなことがきっとあって
それは僕や僕らにはなかなかわからないことなんだとは思うけれど、
誰か一人。そしてそのひとり一人の関心がなければなくならないことだ
ったりきっと想いは一つにはならないことなのかもしれない。

こんな日の夜に集まって単車に乗ったらなにかを僕自身は一人感じそう
な気がしていて。

chessは9周年かぁって思ったり、懐かしい過ぎた時間を想ったり。
以前に朝までこの日にキャンドルを灯したことを思い出したり。
今を生きている。ただそれだけなのかもしれないね。


















唄が世界を変えるように、なにかを伝えていける力があればいいのに。

まだなんにもないから。

まだそんな力どこにもないから。

それが欲しいっていっつも想うんだ。







writing by JOHNNY BROWN




***
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote










***







もうとっくに以前から機能を失っている自律神経。
出張に出たまま戻らないっていつも信じてるんですが、なんだか今日はそんな
一日。体調不良。

昨日は一日外にいたから熱中症か!?と今日の途中に思ったり。

今は深夜の3時手前。

あれこれとやっていたり、0時からの急な打合せ的な雑談が入ったりしてね。
明日も朝から打合せもあるし。

たいしたことが書けなくてすいません。

せめて今の気分の唄でも貼ります。






遊びで仕事はしない、仕事で遊ぶ。


それがうちの(俺のか?)モットーです。




RADIOで聴こえてきた陽水さん。
















夏になると聴く大好きな唄。

タジマさんの声が大好きなんだ。

どこか裏のある歌詞も好きだしね。

さりげなくかなり効いてるベースのラインもGOOD!


















***

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote









***








THEE OLD CIRCUS / Garage EDEN presents

meeting CAMP

「OLD GT USA FAMILY meeting vol.001」


2010 9/25 and 9/26







くわしくはこちらのページで>>>9/25 and 9/26



さてさて、キャンプ場は西富士オートキャンプ場という所になりました。
僕も行ったことはないんですが、聞く所によるとオススメだそうです。
少し街から入ったところみたいですし、この記録的な猛暑の疲れを癒す
時間になってくれたらうれしいです。
まだまだ連絡受付けてるんで時間合いそうな人はぜひ参加の方向でよろ
しくです!



あとは来週末は地元長野でのイベントです。

BEAUTIFUL WORLD 10


こっちも僕らは東京から単車での参戦ですが、参加する方募集中です。
泊まりは俺の実家かな(笑)

チケットの手配も出来るんでこっちもぜひぜひよろしくです。
いろいろな街で、そこにはその場所の活力と力のある人達がいてその力
にまた人が集まり、輪が出来る。

そんな輪はきっと少しづつでも大きくなってきっときっと世界はもっと
美しさを取り戻していくのだと僕は信じていたい。

少しでもカッコつけてそうありたいと想うんです。

ただ、楽しいことをするのではなくてそこにはやっぱりなにかがあるって
思うんだ。僕は今ただのモノ作りの立場だけれど、実際にはもっともっと
出来るだけ多くの人と出逢い、なにかを伝えられたらうれしいと思うし、
なにかを感じてもらえたらそれがうれしい。
















BEAUTIL WORLD 参加のズクナシさんの映像です。

「ずく」とは僕らの地元の方言です。

ずくがない、ずくがある。などなど。

活力、勢力、精が出る出ない的な?

方言ってのは訳すのが難しいですなぁ〜。






BEAUTIFULにかけてU2も

















いろいろ楽しもうぜ。

楽しむ為には押してる仕事もやっつけないとってことでここ最近は
朝方まで仕事してます。
昨日なんて日も気がついたら朝の5時だったり。

楽しむ為にいろいろやらないとね。





writing by JOHNNY BROWN







***
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote







***








「TOKYO」








誰かの代わりに見てきた TOKYO TOWER

深夜、少しのカップルと家族連れ。

数人の若者グループに記念撮影を頼まれた。



ただの東京の街にある電波塔。

そして近いうちにその昨日をなくすことを約束されている。

でも、やっぱりそれは僕の胸を締め付けた。









09020002

























































***












このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ