DESIGN NOTE

DESIGNER / URANO TAKAHIRO

March 2011






***



移動先は懐かしい場所で、夜には
以前の職場のスタッフの送別会。

俺より先に居て、一度辞めて、また
戻って。

俺より遥かに販売員らしい販売員だったね。いつもこっそり尊敬してたし、俺が自分のワガママで辞める時にも彼が居てくれたから安心してあの場所を出てきたようにも思う。

また違う場所にそれぞれなるけど、君のキャラならきっとどこにいたって平気だね。
期待してるよ。

わっくん、お疲れ様。




***
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote








***





13:30




なかなか更新出来なくて申し訳ありませんでした。
ようやく今日の夜辺りにいろいろと報告出来そうです。

ありがたいことに数人の僕の周りのアーティストやFAMILY SHOPの
協力もありひとつの動きを大きな輪にしてくれようとしてくれていて
本当に、本当にありがとうございます。

先週と今週の昨日まで出張を繰り返していてここから少し離れた場所へ
も行っていた。ここだって実際の被災地からは離れている。計画停電の
関係もあり都内はいままでより街がひっそりとしていたり、暗かったり。
自粛の動きや様々なこと。
西へ行っていたからここに比べると街の雰囲気としては温度差があった
ようにも感じたけど、どの街でも駅前やいろいろな場所、例えば飲食店
やおみやげ屋さんの店先でも皆が「東北関東大震災へ」として募金箱や
活動をしていた。
離れた街でも、日本のどこでも皆がそれぞれに活動していることを感じ、
それぞれが「なにか」出来ないかと考えているのに触れてやはりそれは
強い気持ちに感じたんだ。

それぞれができること。

うちのタグチはタグチなりに今出来る最善のこと、懸命にモノを紹介す
る為に写真を撮っています。下手ですけどね。

僕は僕なりに。

この活動を始め始めていくつか気がついたことがある。
やっぱり僕の出来ることは限りなく、限られているということ。
それでも本当にありがたいことにやることに意味があるということを感
じていること。それは全て皆様のお陰であるということ。

この活動自体はもちろん直接的に今回の災害に結び付いている。被災者
に結び付くようにという活動である。でもそれと同時に皆様の中でなに
かをしたいという部分を僕が引き受けられるというありがたい気持ちを
頂ける。こんな僕にそれを預けてくれるありがたさ。自分が生かされて
いる意味のような、そんな気持ちにさえなる。
活動自体は直接の支援金を集める為の活動である。そしてそれと同時に
気持ちを届けなければいけないことでもあると思っている。

集めたお金をどうするのか。本当は明確にそれをここに今記すべきだと
は思っているけれど、まだ検討中でもあるし、「僕が」やる以上やっぱ
り皆様の気持ちを伝えたい。出来れば僕が直接足を踏み入れこの目で見
て、その後まで見据えた、見える部分まで関わりたいと考えています。
そうでなければ僕が皆様から預かる意味がないのではないか。そしてこ
の活動を一過性のものにしない為にもそうしたいと思っています。
詳しい部分はきっちりとまた明記させて頂きます。

あと一つ。
この活動を通して感じたこと。僕ができることを必死で考えて動き始め
たことだけれど、直接的な支援金集めと共に気持ちを伝えること。
やっぱりそういうことなのかなって。
気持ちを煽りたい。
勝手なことだけれどどうしても変わらない信念がある。

「カッコいい奴が増えれば、街は、世界はもっとカッコ良くなる」

誰かが困ってたら手を貸す方がカッコいい
余っているものがあれば譲る方がカッコいい
ゴミのポイ捨てなんてしない方がカッコいい
虐待なんてしない方がカッコいい
誰かの悲しみの為に泣ける奴の方がカッコいい
無駄に誰かを傷つける奴はカッコ悪い
誰かの正義をあざ笑うやつはカッコ悪い
カッコよさってのは着ているモノで決まる訳じゃなく気持ちで変わるもの
出来ることをやる奴、それを探す奴はカッコいい
出来ないと決めつけるより、出来ると信じて進む奴はカッコいい
カッコいい親を目指す奴
カッコ良く目の前の仕事に向かう奴
家族の為に「俺にはこれしか出来ない」と言って製造業に励む俺の仲間
「今はまだ分からないけどいつか絶対カッコいい奴になります」と言う奴

・・・


もしかしたらただの言葉かもしれない。
伝わらないかもしれない。
それでも僕は言い続けようと思います。

それが僕に出来ることのひとつでもあると思うから。





夜にTEEシャツの画像などアップ出来ればいいと思っています。






23:40



画像合成だけですけどまずはイメージを見てみて下さい。
こちらはTHEE OLD CIRCUSのボディで作る方のイメージです。
首元の開いたサーカスらしいボディでいつものタイトスペックです。

黒は袖丈が7分袖になっておりますが、白と同じく半袖の仕様になります。

下記サイズスペック

THEE OLD CIRCUS ボディ「ONE FAMILY TEE」

サイズ0 着丈66cm 身幅41.5cm 肩幅37cm 袖丈23.5cm

サイズ1 着丈68cm 身幅43.5cm 肩幅39cm 袖丈25cm

サイズ2 着丈70cm 身幅45.5cm 肩幅41cm 袖丈26.5cm


Color :/ WHITE and BLACK

Price :/ 5,250yen(tax in)





one写真付き

























フロントにはシンプルに、それでも出来るだけ気持ちを込めたくて自分
なりに力強いFAMILYのプリントイメージで仕上げました。


先日のキャップの着用画像も含めあと一型のTEEシャツとKID'S TEEの
ボディでのイメージも出来るだけ早急に作ってそれと同時にオーダーを
受付ける形にします。
見て頂いて下さっている方、興味を持って下さっている方々お時間を頂
いて大変恐縮ですがなにとぞよろしくお願い致します。







THANKYOU for all my FAMILY and  we are ONE FAMILY.








writing by JOHNNY BROWN






文面に誤字脱字または適切でない表現等があるかもしれません。
大変心苦しく恐縮ではありますがお許し頂けますと幸いです。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote






事務所に向けて帰ってます。
まだまだやることは盛り沢山だから。体力が続く限り頑張ります。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote







出発が遅れてるみたいです。

やれやれ。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote










***










03:50





こんな時間になってしまって、またなかなか残りの詳細がUP出来ずに
大変申し訳ありません。
自分にとってもいかに時間が限られたものであるかをこういった時に
途方に暮れるように感じてしまいます。
昼夜問わず動き回っていても追いつかないことだらけで、待っていて
くださる皆様に申し訳ない気持ちでおります。また不慣れというか、
不得意分野でもあるデザインと写真の合成などに手間取ってしまった
りもしてしまいそれもまた原因の一つでもあり、昨日の移動中に書こう
と思っていたら充電器を忘れてしまうという失態もおかしてしまった
のも自分の甘さ故の部分です。

多くの方からのメールや電話の問い合わせのおかげで本当に頑張れます。
そしてその方々に支援アイテムというモノを通じてでもなにかの想いを
少しでも届けられたらうれしく思うと同時に、そのモノ自体を出来る範囲
の中でもより良いものに仕上げたいと思っていてお時間頂いております。
そして、やる以上いろいろなことを明確にすること、継続性を持たせる
こと等などしっかりとあまり稼働の良くない頭を精一杯回転させている
つもりでもおります。

お金を預かる以上、ましてやそこには多くの想いや気持ちがあり、その
責任は大きなものであると感じております。

「こんな自分が言い出したことなのに」と畏れおおくていながらも。
そんな自分だからこそ出来るという有難さに変えて行動させて頂きます。

明日からまた少し移動しておりますので、あと若干のお時間をいただける
と幸いです。着実な準備のもとスタートを切らせて頂きたいと思います。

また多くの方の協力や声かけありがとうございます。
本当に本当に心から感謝しております。

まだ、余震もありまた原発問題等不安を抱える日々の中不安の方もきっと
いると思います。皆様の心にわずかでも安らかな時間が訪れるよう心から
祈っております。

少しだけ前を向いて、少しだけ空が見えるくらいに顔を上げて。





THANKYOU for all my FAMILY and  we are ONE FAMILY.







writing by JOHNNY BROWN






文面に誤字脱字または適切でない表現等があるかもしれません。
大変心苦しく恐縮ではありますがお許し頂けますと幸いです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote








***






明け方3時半ちょっとドタバタとあってこんな時間に。
細かい話が書けなくていて、すいません。
明日は朝から移動しています。
移動中になんとか今の現状書けるだけ書いてUP出来るといいんだけれど。

まずは少しだけ体を休めます。






***



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote









***







モノを通して、モノを通じて繋がりを持たせてもらって。
それは気がつけばこうした時にそれをすごく感じてうれしくなった。
うちのモノが基本としてそれを軸にまったくうちを知らない人にも
それを伝えてもらったり、気持ちを受け渡してもらえりして。
つくづくこんな自分でも今ここに存在している意義を感じさせてもら
えて皆様には感謝の気持ちしかないと思う。

だからこそ、目の前にある自分のやれることを自分なりに精一杯で
ありったけの力をもって向かいたいって思う。

今始めた「ONE FAMILY」もそうだし、今までやらせてもらってきた
モノ作りももちろんそうだと思うんだ。

先日はオールド・サーカス用の打合せに出張に行っていた。
今までBLOGを始め、基本的には僕はあまりこういうところでモノに
関しては書いてこなかったんだけれど、こんな時だし少しでも皆さん
にとっても僕にとっても励みや力になればうれしいと思って少しだけ
写真など載せたいと思う。
また生活が元に戻ったら書かないかもしれないけれど、今は今の自分
の気持ちをそのままにするのがいいと思うから、そうします。

「ONE FAMILY」の今の進行状況に関してはあとでまた別ページに
書きますね。



今サーカスではデニムを新たなモノにする為に進行中です。
自分にとってもブランドのスタイル全体にとってもなくてはならない
存在でモノ作りを始める際にももちろんこれがスタートだった。
ずっとずっと他のパンツを含めブーツカットしかないのだけれど、
元々タイトなブーツカットデニムしか穿いてこなかった自分が作って
いく上で欠かすことの出来ないアイテムで、ほんの僅かな修正を加え
ながら今までも展開してきた。
新しくするにあたってもちろん今までより「良く」なっていないと
その意味がないと思っている。少なくとも自分が穿いて、こちらの
方が良くなったと思わなければ意味さえない。

僕は工場の人間とも「人間として」付き合って仕事をしたいと思って
いる。ただ、残念なことにずっと同じ工場の人がいるとは限らなくて
今回も担当者が工場を去ることになってしまった。もちろん新たな
担当者に変わるだけのことでそれでそのまま付き合うのもいいのだけれど、
気持ちの部分でもただ、それで仕事を続けるというわけに僕はなかなか
いかない。
うちは小さいブランドだからそういう意味も込めてうちの全部、僕の
全部を知ってもらってでないと自分の大切な部分を任せるというわけに
いかないんだ。

週末に行った工場さんは僕のような人間にも「気持ちのいい思い切って
やりたいモノを作る仕事をしましょう!」って言ってくれた。

あととてもうれしかったのは震災にあたり社長さんの言葉。

「きっと東北の工場さんは大きな打撃があるに違いないと思うんです。
その分きっと僕ら西の工場への需要が高まると思うんですよね。
でも、それを仕事が増えたって喜ぶのじゃなくて東が復興するまで
僕らががんばってその分を補って東が復興した時にすぐにまた元の
仕事が出来るように、日本の『工場』っていう品質を落としてはい
けないと思うんですよね。そういう意味でも今からがんばらないと
いけないと思うんです」

みんながみんな被災していると感じた。心の中でやっぱりみんな自分
のできることを考えていてくれるんだって。

モノはモノそれは今までもこれからずっと言い続けていくことだと僕
は思う。それでもそれだけで誰かにとって。少なくとも僕にとっては
僕への救いでもあるし、なにか気持ちが伝わるモノであればうれしい。
その為にやるべきこと。
それがいつも目の前に広がっていると信じているんだ。







image










































写真






































ちょっとまだ形に出来ていないのだけれど今回のこともあり、より
出来るだけ皆様との距離を縮めることが出来ないかなって思ってい
て前からも考えていたのだけれど例えばSKYPEとかで日時を決めて
僕が声かけしてチャットをするとかどうですか?
お金も掛からないし、それだけで楽しい時間を作っていけたら。
ネット上なんだけれどその場に人が集まって意見の交換や今思って
いることなどを言い合えたら楽しいと思うんですよね。
うちのモノを好きでいてくれてる話なんかも聞かせてもらえたら単
純にうれしくて参考にもなるし、ただ単に有意義な時間になれば良
いとも思っています。

便利な世の中、離れているけど繋がっているって。
あまりパソコンとか好きではないけれど、そういう意味でも今の生
活になくてはならないものだからそれをどう有意義に使えるかを考
えるもの大切なんだなって思うから。

ご意見あればお気軽にお願います。








writing by JOHNNY BROWN









***




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote








***







10:30





こんな時に事務所を空けていて。
事務所に戻りました。

コーヒーを飲みながら、それが実に当たり前であることや日常であること
を取り戻しながら耳から心に流れてくる唄を聴いていた。

例えば隣にいる大切な人を守れることがどれほど大切なことなのかを、今
急に想ったんだ。どうして自分はたったそれだけの当たり前のことに気が
つかなかったんだろうって。
頭の中のどこかで全部を救えないのなら、誰かを置去りにしてしまうのな
ら、それは意味のないことなんじゃないかって想い続けてきた。今はそう
じゃない。隣にいる大切な人を守ること。
それは例えばね、満員電車であったとしてもさ。
そういうことなんだって思うんだ。
そして、それはそのまた隣の人を救うことに繋がっているんだって。
隣人の隣人がまた新たな人を救うことに繋がるんだってこと。それがまた。

輪になるってすごく単純なことなのに、そんなことにも気がつかずにずっと
1人でコーヒーを飲んできたんだ。

また朝からいつもより少し早めに事務所に出て、ぼんやりと東京のガソリン
は普通に入れられるようになったのかな。って思いながら。

僕に出来ることはやっぱり限られているって再認識しながら精一杯を。

JOSPの半沢さんが田口のことを書いてくれてる。

SIXXの大石さんが「ロックンロール」って気持ちの大切さを書いてくれてる。

誰かから誰かに届く想い。

きっとそれも大きな輪になり縁になるって信じてる。

ずっと寝れなくて、焦ってて。やっと少し寝れたよ。
また俺は今週末までがんばります。

今日の追加をこっちに書くし、別の出張の話を書くかもしれないです。
今だけでなく出来ることは沢山あるハズだから。それを探して僕は僕なりの
ことをするべきだから。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote



7時37分



久しぶりに普通のブログ。
今品川から新幹線。
さすがに眠い…

行ってきます。



9時42分

乗りもので寝るのが苦手な僕。

外は雪。




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote






***







01:00



時間的にも限界に懸命にやったけど、僕の動けるスピードは速くはないし、
結局今日はCAPまで。
いろんな人が相談にも乗ってくれて、そうすることで新しいことも浮かん
だり考えも出て出来るだけ多くのリクエストにも応えたいしって。
書くのが遅くなっちゃったけど、昼間SIXXの大石さんが電話をくれた。
実は電話で長話するの初めてですよね。
声が聞けて本当にうれしかった。
まだまだきっと困難が続くし、元通りの日々には簡単には戻らない現実を
知った。半沢さんもメールをくれた。こんな時なのに「ありがとう」って。
そんなんじゃないです。
大石さんも、半沢さんも、ピラーノさんもみんなみんな生きててくれて僕
は心からありがとうです。あと半沢さんは俺が昔贈ったCandle JUNEの
キャンドルがこんな時に役にたったって。大切にずっと店に置いておいて
くれたのを聞いてそれもうれしかった。
でも、とにかくとにかく無事でよかった。本当にうれしいんです。

正直に言えば今後悔と言うか悔しい気持ちでいるんです。
今回の活動だってもっと手前から出来ていたハズだし、そうすればこんな
にも時間がかからずにみんなになにかを投げかけられたハズだって。
もっともっと前からやりたい気持ちがあったのにどこかで逃げてた自分を
知って、この数日寝ないでやっていたのは実はきっと自分自身に腹をたて
ていて、そんな自分をやっつけたかったんだと思う。
「都合がいい」って自分のことを思ってる。
震災を引金に始めた自分に対して。
それでも、そんな俺なのにみんな賛同してくれたり、「買う」って言って
くれたり「他にも広めておくから」って動いてくれたり。絶対ぜったいこ
の恩は忘れないからね。

今はドタバタの中で始めた「ONE FAMILY」だけど僕はこの活動をやると
言った以上続けると昨日も書きました。でも、その中でもただ続けるとい
うのはなんだか性に合わないというか、僕は著名人でもないし有名でもな
い。だからこれに賛同してくれる人の多くは直接僕と絡みのある人が多数
であり、そうでないとしても僕の知ってる「誰か」の先の次の「誰か」だ
と思うんだ。要するに決して遠くはない方々ってこと。
便利な世の中になったからちょっとメールひとつ手間をかければある意味
では繋がれる。それはいつでも。
そしてその「いつでも」の「ちょっと」をもっと身近なものに近づけて。
そしていつかはこの活動に賛同、参加してくれる皆が「ちゃんと」繋がれ
るようなものを目指したい。
「友達」とか「知り合い」とは呼べないかもしれない。いつでも一緒にい
れるわけではない。でも、どこかでちょっと特別な繋がりを持った意味の
ある仲間であり家族になれたらうれしいと思う。
それが「ひとつ=ONE」であり「家族=FAMILY」という言葉に込めた想い。

もちろん基本の「仕事」は洋服(しかもカッコ良くて気に入ってもらえる
モノを作る仕事)作りであり、それと混同する部分とそうじゃない部分が
あるハズなんだけれど。
結局僕は僕であり。僕がやることすべてが僕のミッションであるのだと思
える。元々昔から実はこう言ってきた。

僕の職業はウラノタカヒロです。

「ONE FAMILY」は利益を生まないから正式には仕事じゃないかもしれ
ないけれど、僕の活動のひとつだから同じかな。
職業的な肩書きもなにもない。あるのは親からもらったこの名前だけ。
資格もなんも持ってない。デザイナーだとか企画者だとかそんなたいした
言葉はなにもなくていいんだ。
僕はずっと自分自身が売り物だと思ってきたから。踵を擦り減らすように
ただ、命ある間は生きていたいだけなんだ。
自分が決めた勝手なミッション。そこから誰かに「なにか」が生まれたら
うれしいと思うだけ。

だから今回の支援アイテムで集めるお金も僕がちゃんと渡す。
先に必要で正しい機関に渡したとしてもその大地をこの両足で踏みしめて、
しっかりと目を開いてそれを見て。そしてそれをまた賛同してくれた人に
も。そうじゃない人にも伝えようと思っている。
そうじゃなきゃ意味がないと思っているし、それは僕の責任だとも思うか
ら。この活動自体がいいものなのか悪いのかはそれぞれが決めて下さって
いいと思っているし、サーカスの洋服とはある意味では関係しているのだ
けれど、ある意味ではそのモノとは関係していないことだからね。
それとこれとは基本的には別モノであって、でも僕は賛同してもらえるよ
うに伝え続けたいと思っています。
しいて言えばただ、無関心ではいて欲しくない。なにもしなくてもいいか
ら、ちょっとでも心の片隅にでもどこかでなにかを、誰かを祈る気持ちを
持ってもらえたらそれでいい。
世界中に全ての悲しみが消える日がくるまで、きっとそれは必要なことだ
と僕は信じているから。

いつかみんなでキャンプとかしたいです。本当に。
大きなキャンドルを俺が沢山用意してきます。
朝までのんびり夢でも語りましょう。
自然ってすごいねって言いながらさ。自然って素敵だよねって言いながら。

今日もまだ空に向かって祈ります。昼間は、デスクにいる時は両手が塞が
っているから僕は寝る前に必ず手を合わせます。
気がついた時からそうだった。随分昔から、ただの習慣かもしれない。
読書をすることと同じように。そして手を合わせる。頭の中で少しだけ
想う。眠りがやってくるそのちょっとの瞬間まで。

こんな時にごめんなさい、明日から少し出張です。
次のモノ作りの為に欠かせない仕事だから。
思いっきりがんばって出張してきます。それもまた今の自分に出来る精一杯
の復興への努力だとも思っているし。

「ONE FAMILY」のキャップの予定の画像だけ載せておきます。
週明けにはTEEシャツ含め詳細とオーダー受付を始められるようにします。

明日は(また今日だね、いつもだね)早起き。というか5時間後には新幹線
に乗ってるかも。
移動先でもメールはいつでもチェック出来るのでいつでもなんでも連絡くだ
さい。あとツイッターもようやくちゃんと?やっているので追っかけてみて
下さいな。





写真






















Garage EDENでは売上の10%を支援金に使わせて頂きます。
またSKEIL様の商品も売上から支援金へと充てて欲しいという有難いお話
を頂きました。
想いと目指すことは皆同じなのだと感じています。
本当にありがとうございます。




THANKYOU for all my FAMILY and  we are ONE FAMILY.







writing by JOHNNY BROWN






文面に誤字脱字または適切でない表現等があるかもしれません。
大変心苦しく恐縮ではありますがお許し頂けますと幸いです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ