DESIGN NOTE

DESIGNER / URANO TAKAHIRO

July 2011





2011-7-30 JOHNNY BROWN Blog



JB blog フレーム縦
 



ふらふら。


また今夜になって雨が降り出した。

毎年思うけど、梅雨時期より梅雨明けの今時期の

方が度々雨が降ると思う。


しみったれた気持ちになる。


でもね、嫌いじゃないんだよなぁ。

なんとなく。

しかも昔を思い出す。


記憶が断片的にしか過去のことは残っていない

のに、なぜかすごく焼き付いている自分の姿。

こんな時期、とても昼間が暑い時期に降った雨

の日の夜にすごい寒くて毛布に包まりながら唄

を聞いたこと。


きっと10歳とかそんなくらいだったな。


今でも唄は耳の奥に残っている。

まだまだテープの時代でキュルキュル引っ張っ

てなんどもなんども繰り返した。


ずっとずっと同じ曲を。


あの夏の唄は今でも耳に。


今日の展示会も楽しい話をたくさんした。

うれしくて。

ありがたくて。


今日もありがとう。





***


THANKYOU for all my Sweet FAMILY and we are thee ONE FAMILY.


writing & photograph by JOHNNY BROWN


KARINTOU.Co.,Ltd.


Thee Old Circus // opera // YELLOW BUNNY // Old GT

// Daizzy and Luwez Carrol // and more...


Tel // 03 6277 2947

e-mail // info@circus-hp.com


150-0013

B102 EVIAN HIROH 2-32-23 EBISU SHIBUYA TOKYO JAPAN.



***

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote





2011-7-29 JB BLOG





JB blog フレーム縦


 



ふとなにげなく掛けたシャツとE-JI君が置いていった

ヘルメット。


その画はなんとなく、ただカッコいいなと思った。


で、そこからなんだかまた次の画が浮かんだりして

結局夜中にアレコレとメモを取ったりしてさ。


僕は書くことでなにか精神のバランスを取ったり補っ

たりしているみたい。


なにかを書くことやメモすることで少しだけ落着き

を取り戻せたりもする。


例えいつものようになにを書いたのか記憶出来ない

としても。


ある風景の中に溶け込みたいと、ある唄の中の世界

に浸かっていたいと思いながら沢山の想像を思い描

くそれらはきっと架空の世界かもしれない。でも、

そこから飛び出してきた現実のアイテムたちは確か

なモノであって欲しいと願う。

下手だから上手くいくことが少ない。


それでも、いいや。って。


いつも思える。


得とか損とかじゃなくてね。


偶然見たその姿に出逢えてとてもうれしかったんだ。


今日も読んでくれてありがとう。


隙をついてこうして書いたり、絵を描いたりしてい

ます。


いつもいつも「あと少し、あと少し」ってさ。





***


THANKYOU for all my Sweet FAMILY and we are thee ONE FAMILY.


writing & photograph by JOHNNY BROWN


KARINTOU.Co.,Ltd.


Thee Old Circus // opera // YELLOW BUNNY // Old GT

// Daizzy and Luwez Carrol // and more...


Tel // 03 6277 2947

e-mail // info@circus-hp.com


150-0013

B102 EVIAN HIROH 2-32-23 EBISU SHIBUYA TOKYO JAPAN.



***

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote




2011-7-28 JB BLOG


展示会の隙をついての更新が続きます。


習慣ってのは恐いものなんだけど、意志の弱い僕は

なかなかそういうものを続けられなくて、それでま

た少し自分に対して落ち込んだります。


毎日のことを日記につけたりスケジュールを手帖に

書き込んだりが日課なのだけれど、こうして展示会

があったりするとどうしても手が回らなくなって、

最後には疲れ果ててそのまま寝てしまったりする。


今は馴染みのある赤い手帖とそれより一回り大きな

黒革の手帖を持ち歩いている。大きな方にはその日

に起こったこと、したこと、自分の行動履歴を書き

込んで赤い方はずっと先の予定のことや日記やこれ

からやりたいこと、やらなきゃいけないことが羅列

されている。

どちらも今は大切な手帖。


パソコンのスケジュールなどもつけていて、そっち

にもあれこれ書いたりして、それはyu-taや他の手

伝ってくれている小僧とかと共有している。


さっきFAMILY SHOPの方のBLOGを読んでいて、

FACE BOOKなるもののことが書かれていて、以前

から登録だけはしていて自分のを開いてみた。


さっぱり分からんわね。


Twitterだって馴染むのに随分と時間が掛かった。

当たり前だ。


そういうなんて言えばいいのか分からないけどあり

きたりな言葉で言うとディジタルとアナログなもの。

両方に良い所があって、そういうのをやってみるこ

とにまだまだ馴染めないでいるけど。精一杯自分な

りについて行こうって。


どちらがいいって話じゃなくて。

それはもうこの世界にあるものだからさ。


FACE BOOKに関してはまだまだ先かな。


今度SASAKIさんに相談してみよ。


ずっとやりたくて考えていることがあって、それ

にはFACE BOOKとか有効なのかなぁって。


正直なことを言えばまだまだアナログな紙の匂い

がする方が落着くけどね。


さて、まだまだ展示会です。


今日も読んでくれてありがとう。


手が空いた時にこの間から気にしている記事に

ついて触れたいと思っています。




***


THANKYOU for all my Sweet FAMILY and we are thee ONE FAMILY.


writing & photograph by JOHNNY BROWN


KARINTOU.Co.,Ltd.


Thee Old Circus // opera // YELLOW BUNNY // Old GT

// Daizzy and Luwez Carrol // and more...


Tel // 03 6277 2947

e-mail // info@circus-hp.com

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote




***



展示会中は結構時間が足りなくて。

準備やあれこれや、あとはテンション的にもどうしても
いつもと少し違うから。

作り手っていうのはなんだか恥ずかしい自分の表現にな
って しまうけど。正直なところを言うとこんな僕でもさ
すがに緊張というのかな。普通では居られない。

気持ちが少しでも落着く為にって思ったのか、ただのイ
メージ つけの為なのかは忘れてしまったけど、展示会で
はずっとずっと同じ音楽。

聞き慣れた、耳と心が落着く唄声。

こうして展示会をやるようになって6年くらい経つのかな。
回数にすると何回だろう?

ずっと同じアルバム。

アルバムって言っても自分で好きな歌を編集して集めたヤ
ツ。 

Tom Waits

こんな風に若い時からおじいさんみたいに僕もなりたいっ
て思ってさ。

変わることがあっても、変わらない唄声だってあるから。
モノ作りを続ける限りはどうやらずっと展示会ごとずっと
同じかもね。

どうやら俺はそういう性格みたいなんだわ。


今日もありがとう。


今日も。











***


THANKYOU for all my Sweet FAMILY and we are thee ONE FAMILY.


writing & photograph by JOHNNY BROWN


KARINTOU.Co.,Ltd.


Thee Old Circus // opera // YELLOW BUNNY // Old GT

// Daizzy and Luwez Carrol // and more...


Tel // 03 6277 2947

e-mail // info@circus-hp.com


150-0013

B102 EVIAN HIROH 2-32-23 EBISU SHIBUYA TOKYO JAPAN.



***




 

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote



さて…三時かぁ。

さすがに終わりの時間ですよ。

どうかな。

どうだろ。

あした、いや今日か。さすがに書けないかもだから更新しておきます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote





***


久しぶりの深夜の更新かな。

展示会の準備で先程撮影をして、編集をしてみて。

ノドが少し痛いのと熱っぽさが残る頭の奥の方。

どうやら夏の風邪が多いみたいだ。
取引先や仙台の知り合いや富山のお店の方や。
なんだかTwitterなどでの現状報告でみんなが具合が
悪そうで不思議なもんだなぁって。まだ高い熱では
ないし、あと少しがんばろうって思ったけど、大事
をとって今日はこれで終わり。
明日はきっとなかなか寝付けないからさ。

展示会前ってのはやっぱり特別な気分になるんだろ
うね。自分で気がつかなくてもやっぱり少しづつ高
揚してきてるみたいで前日ってのはなかなか眠りに
入ることが出来ない。(疲れ果てて意識が飛ぶこと
は多々あるけれど)

今日もAIZAWA君が手伝いに来てくれて助かった。
いつもみんなが助けてくれる。

ホントに、本当に感謝。

あといつもみんながメールをくれる。
特に展示会の前は。

「とにかく体に気をつけて」

いつもみんなそう書いてくれてる。

本当にありがとう。

明日からもう少しだけがんばります。

いや、すごくがんばります。

それが俺に出来るたったひとつのことだと
思うから。

今日もありがとう。
陽が昇ってくれて。

ありがとう。




***



THANKYOU for all my FAMILY and we are ONE FAMILY.

writing & photograph by JOHNNY BROWN


Thee Old Circus // opera // YELLOW BUNNY M.C // Old GT // Daizzy and Luwez Carrol

Tel // 03 6277 2947
e-mail // info@circus-hp.com

150-0013
B102 EVIAN HIROH 2-32-23 EBISU SHIBUYA TOKYO JAPAN.




***
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote




***



昨日は書けなくて。
なんだか少し頭はぼーっとする。薬は朝飲んだんだけど。

展示会前でやることはそうは言っても沢山ある。

だからやる。

目の前に積上げた自分を闘うみたいな気分。
勝ち負けも自分で決めるもの。

先日の陽焼けの腕は皮が剥け始めてポロポロしてる。

頭にはいろんな夢想が広がっている。
買い出しの途中で逢うのは初めてで、でも知っている人がいた。

「初めまして」

そう言ったあと2人で缶コーヒーを買って煙草を吸って。
いろんな話をして、そこにまた共通のやりたいことを見出して。

楽しいなって思うよ。

楽しもうって想うよ。

今日はなんだか頭がぼーっとするんだわ。


***



THANKYOU for all my FAMILY and we are ONE FAMILY.

writing & photograph by JOHNNY BROWN


Thee Old Circus // opera // YELLOW BUNNY M.C // Old GT // Daizzy and Luwez Carrol

Tel // 03 6277 2947
e-mail // info@circus-hp.com

150-0013
B102 EVIAN HIROH 2-32-23 EBISU SHIBUYA TOKYO JAPAN.




***
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote



***

2011-7-22




JB blog フレーム縦



いつも通りなにを書くかは決めずに。
夕方が訪れて19時を回る少し手前。お店の外の電灯
スイッチを押してから煙草を吸う。E-JI君が遊びに
来ててちょっと2人でバイクの話。そこにYU-TAも
加わって少しだけ休憩がてらの座談会。来週からの
展示会の準備の物書きを今日から始めていてちょっ
とだけすでに肩が重い。ただ、いつもよりはスムー
ズかな。どうかな。終わってみないと全部は分から
ないからね。

いろんな妄想を繰り返す日々と現実がぶつかって。
それでようやくそこに理想が生まれてくるって思っ
てる。それから理想に近づく為に必要なことを考え
る。理想に近づく為の妄想と現実がまたぶつかる。
ぶつかってぶつかってお互いに削れてきてそれらは
最初に角ばっていた部分がどんどんと丸くなってい
って。削れた中にはゴミもあるけど細かい塵のよう
な大きさの宝物みたいに大切なものがあってそれら
をひとまとめにするとまた一つの塊となったりする。
塊になるんだけどそれにはヒカルのと光らないのがあ
って、それをまた見極めるのが大切だったりする。
じーっと眺める。じーっと。ずっと。ずっと。

眺めて眺めてまた答えを探す。

見つかるといいなって思いながら。

ロウソクに火を灯すように。

風で消えないように。

今日もまた涼しかったな。
明日からはまた随分と暑そうな予報。
夏はやっぱり夏らしいほうがいいと思うんだ。
で、他の季節もみんなそう。
出来れば異常な季節であって欲しくはない。
自然は悪者じゃないからさ。
機嫌の悪い時もあるかもしれないけど、それ以上に僕ら
にいいこともしてくれてるハズだもんね。大切にしなきゃって。

さぁて、まだまだ仕事は沢山あるな。
でも、書き物をすると少しほっとするんだ。
どこかで誰かと繋がっているって勝手に思えるから。

そう思えることに感謝だね。



***



THANKYOU for all my FAMILY and we are ONE FAMILY.

writing & photograph by JOHNNY BROWN

Garage EDEN "THEE REAL GARAGE SELECT SHOP"

Thee Old Circus // opera // YELLOW BUNNY M.C // Old GT
// Daizzy and Luwez Carrol // and more...

Tel // 03 6277 2947
e-mail // eden@circus-hp.com

150-0013
B102 EVIAN HIROH 2-32-23 EBISU SHIBUYA TOKYO JAPAN.




***



***



THANKYOU for all my FAMILY and we are ONE FAMILY.

writing & photograph by JOHNNY BROWN


Thee Old Circus // opera // YELLOW BUNNY M.C // Old GT // Daizzy and Luwez Carrol

Tel // 03 6277 2947
e-mail // info@circus-hp.com

150-0013
B102 EVIAN HIROH 2-32-23 EBISU SHIBUYA TOKYO JAPAN.




***
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote




***


JB blog フレーム縦




昨日の夜にもらったメールを返信出来ずに今日
の朝に返したんだけど、TO-MA君ありがとうね。
こんな内容だった。そしてそれについて自分な
りにも考えてみたんだ。
「なんでジョニーさんはブーツカットにこだわるんですか?」

正直に言えば別段としたこだわりと呼べるもの
はないと思う。いつも書く通りで結局のところ
それがとても「好き」だということなんだろう
と思うんだ。好きで毎日身に付けるモノでしか
もありがたいことにそれが自分のミッションで
もある仕事として目の前にある。そうなるとち
ょっとした部分(まるで重箱の隅を突くような
作業)を手直ししていく。ブーツカットのパン
ツもエンジニアブーツもそういうつもりで穿い
ている、履いている。

ブランディングっていうのかな。ブランドって言
葉は嫌いだけどメーカーとして自分たちの名前が
あってそれをコントロールしたりそれで生活して
いる中で例えばそれらはアイコンとしてだったり
主張の目玉みたいな感覚だったりするのかもしれ
ないけれどそこまでも考えていない。どちらかと
言えばただ直感的に始めた今の仕事でその中で自
分が欲しいモノをただひたすらに作り続けてきた。

僕は決してオシャレじゃない。断じてそう思ってし
まう。そう思いながらオシャレの定義みたいなもの
も分からないけどさ。

モノに対してあまり飽きない。だから似たモノばか
りを欲しがっているんだろうし、似たようなモノが
よりもっと好きなモノになればそれがいいんだと感
じているんだろうとも思う。車も同じ車に3台乗った。
バイクも同じヤツを数台所有してる。ブーツなんて同
じヤツを歴代何足履いたか数え切れない。それでも
毎日自分の恰好やライフスタイルを含めて満足してい
る。もちろん満足の上でもっと満足を求めている。
それもずっと変わらないこと。

そういうことをこだわりと捉えるか、僕のようにただ
その「好き」が持続しているだけのことなのかそれも
それぞれでいいと思っている。

いつも曖昧な答えにしてばかり。
なにごとにもそうだと思っているけど決め過ぎると身
動き取りづらくなったりするから少しだけ逃げの部分
を作る。ずるい考え。

大好きな人の言葉。

「未知を7割りくらい、既知を3割りくらいにしておく」
そんな考え方ってちょっとずるくて、それでいてアグレ
ッシブでいいと思うんだ。

今日も読んで下さってありがとう。
急に涼しい東京で少し体の調子が悪かったんですが午後
からようやく復活です。

誰かからメールとかで質問があるとこうしてブログのネタ
にもなるし、いいね。なにかあればなんでもご質問下さいな。



***



THANKYOU for all my FAMILY and we are ONE FAMILY.

writing & photograph by JOHNNY BROWN


Thee Old Circus // opera // YELLOW BUNNY M.C // Old GT // Daizzy and Luwez Carrol

Tel // 03 6277 2947
e-mail // info@circus-hp.com

150-0013
B102 EVIAN HIROH 2-32-23 EBISU SHIBUYA TOKYO JAPAN.




***
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote



***

2011-7-19 JB

必要とされてるか。

必要とされるか。

されるだけの「なにか」が生み出せるのか。正直言って
そんなこと分からないし手探りのまんまである日に思い
つきで始めて、そういえば最初っからゴールなん て決め
てもいないし考えてもなかった。誰にとっての「必要さ」
であるか。元々も今も一番はきっとそれは自分自身に向
かっていることで、ありがたいことに誰 かはそれに共感
してくれたり、共鳴してくれたりしたってこと。それは
俺にとっては奇跡でしかきっとなくてその奇跡がいつま
で続くのかは当の本人にも分から なくて。分からないか
ら手探りになっていって。見えない確信すらもない。ち
ょっとそこは難しい。確信があると逃げたくなったりす
るし、ほとんど真っ暗でな んにも見えなくて分からない
からそれが面白いように感じて。でもやっぱり恐くて。
ただの冒険って年齢でもないんだろうけど、それでもそ
れが楽しめるよう にって。ただひたすらにそう思ってい
たい。

いつもはブログのページを立ち上げてなにも考えずに書き
始めて、それは今もかわらないんだけれどちょっと形を変
えてみて今は別のソフトを立ち上げて書いている。なんと
なく文字の並びとかこっちの方が書きやすいかも。そして
それを今度から保存していってみよう。こんな文章はどこ
にも辿り着かないとしてももしかしたらなにかの役に立つ
ことだってあるかもしれないから。

ずっとずっと昔から文章を書くのは下手だけど大好きで、
同じように読むことも大好き。最近は書く方ばかりでいけ
ないな。あまり文章を読んでいない。読んでいないからこ
このところ誰かの文面にも近くない。文章を読んでいると
不思議とその流れみたいなものに流されてやっぱり気がつ
くとその人にならった文の紡ぎ方をしてしまったりする。
書くこと自体、読むこと自体がなにに結び付いているかは
確信を持っては言えないけれど、それでもきっと僕のモノ
作りにもどこかで結び付いていると思う。

全然また話は違うけどなにかがあればなにかを教えて欲しい。
朝に少し小雨の中をバイクに乗っていてふと思いついたこと。
こんな仕事だけどそれでもやっぱりこのブログも含めて、な
にか出来ることがあるかもしれないって。そう思ったんだわ。
例えば「どこかで犬が居なくなってる」とか「どこかで犬の
貰い手を探してて困っている」とか。TWITTERではないけ
どもしかしたら僕から誰かに辿り着くことだってあるかもし
れないでしょ。僕の文面なんてそんなに多くの方が読んでい
るわけではなくても、それでも少しくらいは不特定多数の目
に触れる場所だってことに気がついたから。なにか出来るか
もしれないじゃんか。
僕は本当にいいかげんでダメで人間だし、すぐに物事を忘れ
てしまうし、いろいろな考えがすぐにどこかへ出かけちゃう
けどこういうことだけは約束出来る。お金も多くは持ってい
ないからお金をかけてなにかをすることは出来ない。だから
その本当に限られた少しの中で自分に出来るとことを模索する。

ずっとずっとそんな風に思ってる。

ずっとずっと誰かと繋がっている先になにかが出来ると信じてる。

「おーい、なんかあったら俺にも教えてね。こんな俺にでもな
にか出来ることだったら精一杯手伝うからさ。声かけてよ。いつでもさ」


今日もこんな文面を読みに来てくれてありがとう。
モノに関することはあまりこっちには書けないけど興味を持っ
てくれたらそれはすごくうれしいです。




***



THANKYOU for all my FAMILY and we are ONE FAMILY.

writing & photograph by JOHNNY BROWN


Thee Old Circus // opera // YELLOW BUNNY M.C // Old GT // Daizzy and Luwez Carrol

Tel // 03 6277 2947
e-mail // info@circus-hp.com

150-0013
B102 EVIAN HIROH 2-32-23 EBISU SHIBUYA TOKYO JAPAN.




***
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ