DESIGN NOTE

DESIGNER / URANO TAKAHIRO

February 2012




2012-02-28 JOHNNY BROWN Blog





012




たいしたことはないな。

往復で800km

行ってスコップしてぐるっとその辺を見て帰ってジャスト24時間とちょい。

なんだか数回通ううちに遠くない距離になってきた。

大きなカーブやSAやPAもだいたい憶えた。
だから実家へ帰るように、ここからここまでって距離に対しての時間の
目測も立つようになったし大体はそれ通りに着くようにもなってきた。

だからさ、スコップ自体の作業が終わってもちょいちょい遊びに行けばいい。

知ってる道だ。

そんなに苦じゃないってこと。
そんな風に思ったよ。

今回は俺も込みで全部で8人。

レンタカーも8人乗りで全部が男。もちろんギュウギュウ。
んでもってみんな男臭い。

みんな俺の弟だ。

気分はいい。
真夜中の高速を一気に走り抜ける。
みんな土曜日の仕事が終わって(一部休みのヤツもいたけど)から集まった。
店には21時近く。

さすがにこの人数で車中泊ってわけにもいかんから途中の福島市で宿を
押さえておいた。
着いたのは25時。

途中の高速では休憩一回。

「明日のスコップの為にも俺、今日は食うぜ!」

と意気込んでカツ丼通常サイズをオーダーの俺。

・・・ゴハン1/3を残してギブアップ。

・・・でも、残したのに動けない程の満腹感。かなりの罪悪感。


栃木を過ぎた辺りからは雪景色。
路面にも少し雪がある。

いつも弾丸だ。
旅行ってわけじゃないから当たり前か。

それでもビジネスホテルでは大きな浴場がついていて、本当は24時で
終わりだったみたいだけど、遅いチェックインだった俺んたに「入っていいよ」
って言ってくれた。

いつもなら公衆浴場とかには俺は入らない。
刺青があるから。

でも、俺んただけだっていうから入ったね。
入れさせてもらった。
ありがたかったな。

ずっと疲れてたからさ。

結局寝たのは深夜の3時が近かった。




今日も読んでくれてありがとう。
続きはまた明日以降書きますね。




***


THANKYOU for all my Sweet FAMILY and we are thee ONE FAMILY.

writing & photograph by JOHNNY BROWN(Urano Takahiro)


(株)華凛灯 // KARINTOU.Co.,Ltd.

Thee Old Circus // opera // YELLOW BUNNY // Old GT // JB's = Johnny Brown FAMILY

// Daizzy and Luwez Carrol // and more...

Blog内容や商品に関するお問い合わせや質問、御意見はお気軽に下記電話番号かe-mailまでどうぞ

Tel // 03.6277.2947  e-mail // info@circus-hp.com

B102 EVIAN HIROH 2-32-23 EBISU SHIBUYA TOKYO JAPAN 150-0013.



*** 


 
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote




2012-02-24 JOHNNY BROWN Blog





いろんなこと。

いつになったら「落ち着く」のかは分からないし。
そんな時が来ることを自分でも想像なんて出来なかったりもする。

朝9時からデスクに向かって企画を始めて。

それがどこへ向かうのか。
自分と向合う時間の仕事。
ゆとりがないって言えばそれはなんだか良くないことのようにも聴こえ
たりもするかもしれないけど、自分にとってはいつだってちょうどいい
加減みたいな感じかもしれない。

店に立つと誰かが遊びに来てくれたり。
ダラダラと話をしてさ。

それって最高に楽しいんだわ。
やっぱり対面であることの大切さとかしみじみ思ったりする。

昨日なんて日は遠くから遊びに来てくれたFAMILYと話をしてたり。
初めて来てくれた方が本からの抜粋のコピーを持ってきてくれたり。

悔しいのはそういうありがたいことをもっとじっくりと味わうこと
や余韻にひたれないことだったりとかね。それはあるな。

でも、いいや。

悪くない。

「今」

デスクには散らばった生地。
さっき一度整頓した。

これからそれらをまた拡げる予定。
散らかして、片付けて、また散らかして、メモを取り。
辞書を片手に文章を書いて。

もちろん間では事務的な(苦手なね)仕事もするんだよ。

明日の夜からはまた東北へ行く。
寒いだろうね。

今回は8人。

ま、いつも通りの男所帯。
そりゃそうだ。
一緒に行ってくれる奴ら。
ありがとう。

俺とYU-TAだけじゃ戦力不足だからね。
力部隊と若造がんばれ!

みんな俺の弟だ。

あとさっきスコップとのアイテムをプリントしてくださってる工場さん
から連絡があった。本当にありがたいこと。

どっかから不思議と繋がる自分の旅路。
ずっとそうだし。
これからもそれだけを信じてるというか、それに身を任せるつもり。

偶然はなくすべては必然。

そこまで達観した想いは持てないけどさ。
大体はそう想えるような気がしてきたよ。

特に最近はね。

暗がりでも電気も付けずに歩けるような。
そんな風でありたいと。
昔から思ってた。

臆病だからなかなか出来ないけど、それでもなんだかね。
ちょっとだけ怖くなくなってきた気がする。
年齢のせいか、なんだろう。

さて、今日も店の終わりの時間。
これからが1人サーカスの時間です。

黙々とデスクに向かう時。

いつも通り後ろではTom Waitsが流れているよ。


今日も読んでくれてありがとう。
明後日日曜日はお店がお休みです。
明日は居るんで、なにかあればぜひ来てね。
東北とかへ行ってる間もメールは返信可能です。
いつでも、どっかで俺と繋がっててよ。







***


THANKYOU for all my Sweet FAMILY and we are thee ONE FAMILY.

writing & photograph by JOHNNY BROWN(Urano Takahiro)


(株)華凛灯 // KARINTOU.Co.,Ltd.

Thee Old Circus // opera // YELLOW BUNNY // Old GT // JB's = Johnny Brown FAMILY

// Daizzy and Luwez Carrol // and more...

Blog内容や商品に関するお問い合わせや質問、御意見はお気軽に下記電話番号かe-mailまでどうぞ

Tel // 03.6277.2947  e-mail // info@circus-hp.com

B102 EVIAN HIROH 2-32-23 EBISU SHIBUYA TOKYO JAPAN 150-0013.



*** 


 
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote




2012-02-23 JOHNNY BROWN Blog




写真




「タイトル」とかいつも思いつき。

そもそもいつだってなにに対したってそうかもね。

思いつきばかり。

それで走って来た。

今更変えることも出来そうにないし、変えるつもりもない。

いろんな道に迷って、寄り道だったり、脇道だったり。

ゴールがあるかも不明だけど。

今はそれでいいと思っている。

HEY!

そっちはどうだい?

晴れた空に向かって叫んでみたいと思ったりさ。


今日も地下の室内で黙々と仕事です。

振り返るとヤツが居る。

YU-TA部長の背中。


たまにはそんな日があってもいいね。
彼の後ろ姿です。


今日も読んでくれてありがとうございます。
ほにょりほにょりと更新します。




***


THANKYOU for all my Sweet FAMILY and we are thee ONE FAMILY.

writing & photograph by JOHNNY BROWN(Urano Takahiro)


(株)華凛灯 // KARINTOU.Co.,Ltd.

Thee Old Circus // opera // YELLOW BUNNY // Old GT // JB's = Johnny Brown FAMILY

// Daizzy and Luwez Carrol // and more...

Blog内容や商品に関するお問い合わせや質問、御意見はお気軽に下記電話番号かe-mailまでどうぞ

Tel // 03.6277.2947  e-mail // info@circus-hp.com

B102 EVIAN HIROH 2-32-23 EBISU SHIBUYA TOKYO JAPAN 150-0013.



*** 


 
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote




2012-02-22 JOHNNY BROWN Blog




取り急ぎ報告だけ最初にここに書きます。

スコップ団へ振込をしました。

皆様が買って下さった「スコップ団とのアイテム」の収益全てを入金しました。

690,000円


本当にホントにありがとうございます。

花火はきっとあがるよ。
了ちゃんを筆頭にスコップ団って連中が上げてくれる。

2万人の分。

2万発。

素敵なことさ。

あと少しだよ。


でも、俺んたにとっては3/10はリセットの日だと思っている。
終わってなんかいないんだからね。
出来ることをまた探す旅を始めるんだわ。


まだ3/10よりは手前だけど、スコップ団へ本当に感謝。
ありがとうございました。
協力させて頂けて楽しかったし、少しでも想いに触れてくれる人がいた。
それが本当にうれしかった。

今日はまずは報告だけ。
また書きます。

第二弾分で受注下さった方々3/10までには届ける予定です。
あと少しだけお時間下さい。
宜しくお願い致します。

今日も読んでくれてありがとう。




***


THANKYOU for all my Sweet FAMILY and we are thee ONE FAMILY.

writing & photograph by JOHNNY BROWN(Urano Takahiro)


(株)華凛灯 // KARINTOU.Co.,Ltd.

Thee Old Circus // opera // YELLOW BUNNY // Old GT // JB's = Johnny Brown FAMILY

// Daizzy and Luwez Carrol // and more...

Blog内容や商品に関するお問い合わせや質問、御意見はお気軽に下記電話番号かe-mailまでどうぞ

Tel // 03.6277.2947  e-mail // info@circus-hp.com

B102 EVIAN HIROH 2-32-23 EBISU SHIBUYA TOKYO JAPAN 150-0013.



*** 


 
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote




2012-02-20 JOHNNY BROWN Blog




ドラマのような世界に生きてんだなって。

それはとっても自然なことだったりもするのかもしれないけどさ。

ある時ふいにそんなことを思ったりもする。

いろんなことをあまり気にしない性格だとは思う。
気にしないってよりはそんな時間がなかったり。
興味がなかったりとか?
まぁいいんだわ。

さっきは煙草の話をFAMILYとしてた。
遠く宮崎からわざわざ来てくれた気の良いヤツ。
木曜にもう一度逢う約束をした。

うれしいね。

煙草、わざわざ吸わなくたっていいよ。
でも、やっぱり気持ちは少しは分かるかな。

「カッコいい」と思う。

俺なんて自分の生活のジャッジの8割りちょっとくらいがきっとそのモノサシだもんね。

ずっとそうだ。
それで随分と痛い目にもあったような気がする。
でも、バカだからまたそれを繰り返す。
学習能力が無い。

でも、いいんだわ。
失敗したとしてもそれはどこかで「次」へ繋がることだって認定してる
からそれはただの失敗ではない。むしろ失敗ですら無い。
そんな風に考える。

考えながら突っ走る。
考えながら走るからよくぶつかる。

止まってから考える。
それが正解って人もいる。
そういう人にとってはきっとそれが正解かもしれないし、俺にとっては
それは不正解かもしれない。

自分なりのスタンスでいこうと思う。
そうじゃないとどっかでやっぱり誰かのせいとか、風のせいにしちゃったり
とか。
そんな気がするからさ。

なにかが降りてくる時。
1年で限られた瞬間の時。
これはとても大切な時間。
知っている。

この間に俺は一気に絵を描き上げる。

まばたきがもったいないと思ったりしながらさ。

あと少しあと少しって日々の繰り返し。
繰り返し、繰り返す。

さぁてまだ今日もやるんだわ。


今日も読んでくれてありがとうございます。
なにやらまた吹っ切れた気持ちになっています。
それでも気分は山アリ谷アリ。

さてさて。

週末はスコップへ行ってくる予定です。
楽しみだ。




***


THANKYOU for all my Sweet FAMILY and we are thee ONE FAMILY.

writing & photograph by JOHNNY BROWN(Urano Takahiro)


(株)華凛灯 // KARINTOU.Co.,Ltd.

Thee Old Circus // opera // YELLOW BUNNY // Old GT // JB's = Johnny Brown FAMILY

// Daizzy and Luwez Carrol // and more...

Blog内容や商品に関するお問い合わせや質問、御意見はお気軽に下記電話番号かe-mailまでどうぞ

Tel // 03.6277.2947  e-mail // info@circus-hp.com

B102 EVIAN HIROH 2-32-23 EBISU SHIBUYA TOKYO JAPAN 150-0013.



*** 


 
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote




2012-02-19 JOHNNY BROWN Blog




全然追いつかない。

そんなことばかりだ。

だけど、別にそれに悲壮感を感じることもないってことかな。
腹立たしく感じることはあってもそれも自分に向けてのことだ。

もっともっと速く走れる方法論や頭をクリアへもっていくこと。
そんなことだって出来なくなんてないはずなんだから。

ある夜。

それは昨日の夜のこと。

風呂に入る手前でデッキにDVDを入れる。

流れ出す音の洪水。
液晶画面の中の輝いてる世界。
止まったままの自分の中での時計の時間。

500回は見た映像。
それでもそれはいつだって新鮮な世界に俺には見える。
昔はフラフラしながら、そして眠りの床につきながら見ていた映像。

繰り返す。
繰り返す。

チーズサンドクラッカー

いい響きだと思ったり。

音と映像を耳と目に捉えながら自分で描いた絵を少し離れた距離で見る。
どこでリンクする景色となるのだろう。

雪と枯れた大地の草原で。
ドラマーは厚着のままスティックを操る。
森の中。

68年のマスタング。
73年のU.S.AのBASS。

想像の世界ではそれは素敵だったり悲しかったりする。
想像の世界はある意味では現実の世界と全く同じとも言える。
カーネルサンダースだって居たりもするんだ。

現実と架空の間の物語りを描きたい。
いつだってそう思ってやってきた。
少しだって近づけているのかどうかは自分にも分かっていない。

それでも懸命にもがくことはどこかに繋がる。
世界はいつかきっと素敵なものになる。
ある誰かの世界が素敵ならその世界は間違いの無い素敵な世界。
たったそれだけのことなんだ。

俺は俺の世界を生きる。
俺だけの、俺の為の世界。
いつだって扉は開けっ放しのつもり。

それは現実も夢でも架空でも一緒のこと。
掛ける鍵を持っていないのだからね。
数センチの厚みの紙の世界で人生の捉え方が変わったことなんていくらでも
あるように、音もそれを俺に教えてくれた。
唄のないピアノソングだってね。

想像から全部が始まるとしたら、どうするの?

なにを想像すればいい?

想像があってそれを具現化していくこと。
それだって大切な一歩目だ。
大切な一歩目だ。

さぁ今日もラッキーな1日がやってきた。
鼓笛隊の気分で踊ろうぜ。

1日しかない今日っていう日のHAPPY BIRTHDAYだからね。



今日も読んでくれてありがとう。
ゴタゴタと暇だったり(笑)ドタバタしてるけど、大丈夫。
まだまだ突っ走るつもりでいますから。

明日が締め切り「スコップ団」とのアイテムよろしくです。



***


THANKYOU for all my Sweet FAMILY and we are thee ONE FAMILY.

writing & photograph by JOHNNY BROWN(Urano Takahiro)


(株)華凛灯 // KARINTOU.Co.,Ltd.

Thee Old Circus // opera // YELLOW BUNNY // Old GT // JB's = Johnny Brown FAMILY

// Daizzy and Luwez Carrol // and more...

Blog内容や商品に関するお問い合わせや質問、御意見はお気軽に下記電話番号かe-mailまでどうぞ

Tel // 03.6277.2947  e-mail // info@circus-hp.com

B102 EVIAN HIROH 2-32-23 EBISU SHIBUYA TOKYO JAPAN 150-0013.



*** 


 
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote




2012-02-15 JOHNNY BROWN Blog





1




今日はこっちのBLOGもJB BOSS BLOGも同じ内容にすると思う。

用件を先に書こう。

SCHOP団(スコップ団)とのアイテムの販売受付を2/20(月曜日)にしようと思う。

CFS-001とかはサイズ2しかないです。しかもあと2枚。

他はいくらでも大丈夫です。
これから作るから。

アイテムの詳しいことは下のリンクから飛んで下さい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

「スコップ団とのコラボアイテム」


正確にまだ計算してないから概算でごめん。
今たぶん60万円は越えた。70万の手前くらいだと思う。

まぁ金額じゃないよ。
気持ちだよって言ってくれる人もいるけど、現実の花火はそれじゃ上がらんのだわ。

だからあとで精一杯の気持ちを書きます。

プリントは全部仙台市内にある工場さんが請負ってくれた。
本当に無理を言ってすんません。
偶然あの日に出逢った縁だってことで無理を言ってやってもらってる。
ありがたい。
でも、どうしても宮城県内の工場さんにお願いしたかったんだ。

注文はメールか電話。またはWEB SHOPへお願いします。

e-MAIL >>> 
info@circus-hp.com

TEL >>> 03-6277-2947(Garage EDEN)超低いトーンで「エデンです」って出ます。

WEB SHOP >>> http://garage-eden.ocnk.net/


さぁもう1ヶ月を切った。
時間はないよ。

あと来週末スコップへ行くけど、スコップ自体があるかは分からない。
行政の取壊しも始まってる。
地権者が居なくなってしまった家々だってあるみたいだ。
この間了ちゃん(団長ね)が来た時にもその辺りの話も聞いてみた。

スコップがなければ仙台市内を経由して南三陸あたりまで行ってみよう。
足を運んで空気を吸ったらまた今度はそこでなにかに出逢えるような気が
してる。また次の場所が見つかる気がする。
次の自分たちの故郷みたいな場所がさ。
そうやっていって全部が自分の故郷みたいに思えたら素敵だよ。
そしたら自然ときれいな方が良いって思うに決まってる。
そういうことが自然だと思うんだ。

詳しいことは了ちゃんのBLOGを読んで欲しい。
いろんな想いがあるんだよ。

了ちゃんのBLOG >>>
 どうせ地球のチリだからな

あとこれも読んでくれたらうれしい。
糸井さんとの対談 >>>
 ほぼ日

俺んたなんて離れた場所からモノ作ってお金の支援しか出来てない。
スコップ自体だって来週に行けて、それでもたったの2回目だもん。
ましてや震災の被害なんてなにもなかったに等しいくらいだ。

出来ること。

なにがある?

なぁ。

俺は俺にずっとそう問いかけてる気がする。
今だってそう。
こんなちいさなことしか出来ない自分が歯痒くてたまらない。

それでも「今日もラッキーな1日を精一杯楽しんだ!!!」せめてそう言おう。

そう言えるだけの毎日を過ごそう。
明日があればそれはラッキーだ。
今日で、いや、今すぐ終わったっておかしくなんてないんだからさ。

それでも言葉にならない怒りが胸の奥で騒いでんだわ。
なんだかわかんねぇけど。
ずっとずっと。
それはたぶん本当は震災の前からずっとだ。
この怒りの矛先をどこへ向ける。

今は少しだけそれが見つかったような気がする。
だから動き回る。
はしゃぐように。

充満する怒りのエネルギーに身を任せてさ。

悔しいけど、時間が足りなくて断念することは一杯ある。
けど、手の届くこと。手が貸せること。
そしてこんな手を欲しがってくれることがあればなんだってやる。

なんでもやる。

やれることならなんでも。

金なんて昔からロクに持ってない。
時間だって余っていたことなんてほとんどない。

でもその中から余った分は全部やるって気持ちでいる。

いろんなこと。
あれば言って下さい。
文句も意見もなんでもいいです。
ただ、直接俺に言ってくれ。
周りだなんだに言うのは自由だけど、まずは俺に言ってくれ。

文句の逆でもうれしいけど、欲しいのは他のこと。

どっかでこういうことしてるとか。
こっちへも手を貸せるんじゃないかとか。
こんなことをしてる人達もいるんだとか。

正直言って時間は足りないし、追いつかないしでさ。
自分であれこれ探したり調べたりしてる時間がないんだわ。
そういう意味での俺のマネージャーみたいな人いないかな?
YU-TA?
無理だ。
死んじまう。

2人しか居ないんだ。
うちの会社。
ブランドやって店立って店やって荷物詰めて出荷して伝票管理して
とかあれこれとか展示会とかもそうだけど。まぁパンパンだね。

3/10は終わりじゃない。
むしろ始まりの始まりって感じ。
ただの3/10。
そして大切な日。

それが終わったらまたさらに動きたいもんね。
そうじゃなきゃダメでしょ。
俺は。

メインの仕事はサーカスってブランドだ。

Thee Old Circus  古いサーカスってこと。

さしずめ俺はピエロかなんかってことだ。
昔のサーカスは転々としてた。
俺は生まれてこのかたサーカスなんてみたことがないけどさ。

決まった住処はきっとない。
テント小屋でいつも転々とって。
遊牧民ほどのんきな感じもしない。
あとは響きがいい。
だからブランド名にした。

ホントの俺は誰も知らないよね。
だってピエロだから。
それで十分。
ピエロがホンモノの俺だから。

いろんな場所を転々とするってことは一箇所の住処を持たないってことになる。
その代わりに世界の全部は自分の故郷ってことにもなるね。
そうなればいいな。

故郷にいる奴らはみんな兄弟だから。
世界はやっぱりみんな俺の兄弟やね。
そう、兄弟。

やっぱりFamilyってことになる。

それって素敵でしょ。
それで十分だ。

あとは何度も書いてるけど、なんかの為に動くには理由もあんまりいらない。
人と動くときは目付きしか信じない。
あとは自分が持ってる臭覚、匂い分けだ。

了ちゃんが
この日のブログで書いてくれてたけど。

実は俺もそんな感じ。
自分からは行かない。
本当に実は行かない。

あと電話もあんまりしない。
相手が出ないと寂しいから。
それが怖いからあんまり電話はしない。緊張するし。
だったらどんなに遠くても逢いに行って目を見て話す方がいい。
その方が怖くない。

電話が怖いからあまり逢いに行けない。
その約束が出来ないから。
だからだいたい近くまで行ってから電話してみたりする。
居なかったりもする。
でも、それでもいい。

だから相手から誘われないと行けないことが多い。
だからなんとなく了ちゃんの気持ちも分かった気になる。
違うかもしれないけど。

男女の違いは俺にはよく分からんのだけど、俺は男とつるむことが昔から
多いせいか、なんとなく男同士でも感覚ってあるって思ってる。

だから最初に逢った時にもロクに話もしなかったし。
それで良かった。
目付きを見て、二言、三言話せてあとは気に入ったから握手しただけ。

「俺にもやらせてや」って。
そしたら
『任せるわ』
って言ってくれたから。それでいいんだわ。

とりあえずは特に今はそれでいい。
ゆっくり話をしたいと思うのは少なくとも3/10が終わってからだな。

燃え尽き症候になってそうな彼んとこに遊びに乗込んでやろうって。
そんときが俺んたにとっても初めてのプライベートの東北になるかもね。

カッコつけて生きてなにが悪い?
カッコつけるって意味を履違えなきゃそれっていいことだと俺は思う。
あとは男に生まれてきたからにはやらんといけん時があるとも思ってる。
男も女もないかもしれないけど、俺は男でしかも自分のことしか解らんし
むしろ自分のことさえ分かってないけどさ。

カッコいいって思った。
それが始まり。
それ自体は気に入らなかった。
誤解しないでね。
男として悔しいって意味でさ。

「気に入らねぇ、出遅れたけど俺んたもやるぜ」

そんな感じだった。

最後にアイテムに関しては趣旨は「花火」へと向かうものだけど、
「気に入らなかったら」買ってはいけません。
そうじゃなきゃ意味がないって俺は思っています。
「カッコいいな」「欲しいな」と思ったら買ってくれたらうれしいです。

ただ、「花火」とかの意義に賛同して下さるのであればモノを買うことでは
なくても寄付も出来るし、なにも買わなくても祈りの気持ちや想いを持つこと
だってきっと繋がると思っています。

お金を集めることが「正しい」とは思っていません。俺は。
でも、現実に花火を打ち上げる為にはお金が必要なんです。
だからやります。
しかも俺がやるからには俺が思った「格好良さ」を追求した上でのことです。

粗い言葉遣いですいません。
でも、正直な気持ちを書くにあたり正しい言葉を普段からしゃべらない僕には
そういった文章は書けないのでこういう粗い文面になりました。
理解は求めないですが、そう思って頂ければ幸いです。

最近始めた
FACEBOOKのおかげで地元の諸先輩方から注文を頂いたりしました。
うれしく思います。
あんまり好きじゃなかったインターネットもなんだかこんなことがあって好きに
なりました。得意ではないですけどね。

Twitterで拡散してくださった皆様もありがとうございます。
お顔も拝見したこともなかったり、あったり。うれしいです。そして感謝です。

出来ることはちいさなことですが、なにより皆様の気持ちがうれしかったです。

「俺」が「やろう」と言ったことなんで出来るだけ自分1人でやりました。
受注の管理や発送とか。

でも、プリントの加工デザインをしてくれたHazama君や無理なスケジュールで
プリントをしてくれる仙台の
Skill workさん。
いろんなところにDMを撒いてくれたKaoruちゃんやうちのFAMILY SHOP様。
俺がこっちのスコップのことで動けない時間にうちのメインのブランドのタグ
とかを作ってくれたIZAWA君やEMI+MA-、AMIやJUNもACCHANも。
あと1番はYU-TAかな、それは俺に近い連中は知ってるでしょ。
それにKYOSUKEとKONI-も。
他にも諸々です。
あげだすとキリがない。

FAMILYって言葉。

こんなに意味のある言葉になったよ。

でもさ、まだまだだ。
これからが始まりだと思っています。

さぁ行こうぜ。

悲しみの向こう側を楽しみに、さ。

一緒に行く気があるヤツなら俺が連れてくよ。



3




2





今日も読んでくれてありがとう。
ありがとう。


***


THANKYOU for all my Sweet FAMILY and we are thee ONE FAMILY.

writing & photograph by JOHNNY BROWN(Urano Takahiro)


(株)華凛灯 // KARINTOU.Co.,Ltd.

Thee Old Circus // opera // YELLOW BUNNY // Old GT // JB's = Johnny Brown FAMILY

// Daizzy and Luwez Carrol // and more...

Blog内容や商品に関するお問い合わせや質問、御意見はお気軽に下記電話番号かe-mailまでどうぞ

Tel // 03.6277.2947  e-mail // info@circus-hp.com

B102 EVIAN HIROH 2-32-23 EBISU SHIBUYA TOKYO JAPAN 150-0013.



*** 


 
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote




2012-02-14 JOHNNY BROWN Blog





さて、屋根作り。

この手前で了ちゃんのFLAT BASEへ遊びに行ったりとかいろいろしてたんだけどね。


極寒の中での作業。
雪と氷。
滑るエンジニアブーツ。

凍った雪の塊を邪魔だからって「うりゃぁぁぁ!!」って蹴りまくってたら
エンジニアのソールが剥がれた。


気にしない。
気にしない。

モノは壊してなんぼ、愛着。
治してまた履けばいい。

ま、治してなんかないけどね。


屋根に登る「わんちゃ」のパパ。

O.K.Aスコ(陸スコ)のパパでもある。



4



5



しかし、寒い。
作業開始から15分。
実を言うと俺の手はもう動かない。
極端な冷え症。


夕暮れ時。

雪が舞い散る。

限界までやったけど終わらなかった。
19時半とかそのくらいかな。



6



7



雪景色のdogwood。



8



9




10



11



「わんちゃ」の伊藤さんとは初めて行ったスコップで逢った。

正確には行く前に寄ったコンビニで見掛けたのが最初。

なんとなく予感はあった。

機を見計らって声を掛けてくれたのは伊藤さん。
2人でスコップの作業の終わりに煙草を吸ってた。
灰皿を差し出してくれて、「使いなよ」って。

目を見た時になんとなく、なにかが頭の琴線に触れた。

スコップの作業が終わった時に名刺を渡した。
で、伊藤さんの「わんちゃ」の話を聞いて、それを弟小僧のi-phoneに登録させた。

「じゃぁ近いうちに絶対遊びに行きます」俺はそう言った。

社交辞令はあんまり好きじゃない。
というか、全然好きじゃない。

気に入ったから遊びに行く。
それだけでいい。

で、数日後遊びに行った。
店の休憩時間も跨いで2人で話をした。
いろんなこと。

俺にとっては実はあんまりないことなんだわ。
自分から出向くこと。
出無精でもあるし、気に入らないと長い時間は一緒に居れないから。
人見知りだし。

なんだかずっと話ていた気がする。

互いが気に入るとか、気に入らないっていうよりはもっともっと
純粋で感覚的なものを感じた。

別に理由はいらない。

人助けにも理由はいらないし、誰かを気に入るのにも理由なんていらん。
少なくとも俺には。
目利きと匂いでしか信じない。

ずっとそうだし、これからもそうするつもりだし。

それを信じるんだ。

そうすれば例えば嫌なことや嫌な目にあっても自分の責任に出来るしね。
それがいい。

そっからことあるごとに伊藤さんは俺に声を掛けてくれた。

携帯のメールでやり取りする時、絵文字が沢山でちょっと可愛い。
見た目とは裏腹(笑)。
それもまたいい。


「わんちゃ」にいるハニーとメープルに俺はぞっこん。
超かわいい。

あとママもいい。
すごく良い。
素敵だなって感じるんだわ。
これも言葉も理由もいらん。
一緒に居させてもらって気を遣わないで居れる人達ってそうそういない。

大切な人達と大切な時間。

dogwoodの我妻さんもいい人だった。
ちゃんと話をしたのは初めてだった。

そういえば、やっぱり。
dogwoodへ一緒に行かない?って伊藤さんが誘ってくれて一緒に行ったけど
我妻さんともほとんど話をしたこともなかったし、途中で遊びに行った
FLAT BASEに居るタケチンさんともカツヤさんとも今まで話したことなんて
ロクになかった。

どれもこれも関係ない。

「遊びに行く」

ただそれだけ。

俺んたにとっては屋根作りもやっぱり楽しいから行くだけ。
それでいい。

ただ、寒かったけどさ。
それも憶えやすくていいわ。

カオルちゃんも手伝いに来てくれた。

ありがたいなぁって思ったよ。

完成させれなかった屋根、今はどうなったんだろうな?

昨日伊藤さんに聞くのを忘れちゃったんだわ。
また今度聞いてみよう。

来週はまたスコップへ行ってきます。




>>> dogwood




「スコップ団とのアイテム」は2/20日くらいに締め切ります。
メールでもいいし、電話でもいいし
WEB SHOPからでも買えるので
宜しくお願い致します。
手を貸して下さい。


 


***


THANKYOU for all my Sweet FAMILY and we are thee ONE FAMILY.

writing & photograph by JOHNNY BROWN(Urano Takahiro)


(株)華凛灯 // KARINTOU.Co.,Ltd.

Thee Old Circus // opera // YELLOW BUNNY // Old GT // JB's = Johnny Brown FAMILY

// Daizzy and Luwez Carrol // and more...

Blog内容や商品に関するお問い合わせや質問、御意見はお気軽に下記電話番号かe-mailまでどうぞ

Tel // 03.6277.2947  e-mail // info@circus-hp.com

B102 EVIAN HIROH 2-32-23 EBISU SHIBUYA TOKYO JAPAN 150-0013.



*** 


 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote




2012-02-12 JOHNNY BROWN Blog




さて、続きの話になるね。

どこまで書いたかなって読み返してみたら全然那須高原のSAじゃん!
まだ仙台にも着いてないし。

10日あったら一体その間にどれだけのことがあったのかさっぱり俺は
分からなくなるんだわ。

だって、正直なところいろんなことがあり過ぎるからね。

写真で。

伝わるかな。



1



dogwoodさんに着いたのは朝。
出発したのは午前の3時東京から(正確には日野市発だったけど)は6時間
くらいかな。
早起きして日の出なんて普段から見ない。
この時も起きたまま見た朝の日の出だ。

辺りはとにかく寒くてね。

でもその分空気はきれいだし、朝日はなんだかとても神々しいものに
見えたよ。




2



まだまだ沢山の子供達が居た。

屋根作り行ったから全く見ることもなかったけど、大切な命がそこには
あって、それを本当に心を込めて守っている人達がいるってことを知った。

命は命。

それは人間だから尊いとうもんじゃないだろ?
大切な家族であり、大切な1つの命だろう。

「ペット」

言葉で言うのは簡単だ。

でもそんな言葉で片付けられる程軽々しいものではないって俺は思う。

dogwoodさんで今預かっている子達にはそれぞれに名前がついている。

「仮名」ってことで。

今この場所では仮名である。

本当の名前があるんだよ。

みんなにさ。

それを早く知りたいって思った。


「預かる」から早く「帰れるように」




3



dogwoodさんは仙台市内から少し離れた山際にあった。
広い敷地はとても動物が喜ぶだろう。

手は足りていない。

まだまだ足りないもの、足りないこと。

沢山ある。

>>> dogwood




「スコップ団とのアイテム」は2/20日くらいに締め切ります。
メールでもいいし、電話でもいいし
WEB SHOPからでも買えるので
宜しくお願い致します。
手を貸して下さい。


 


***


THANKYOU for all my Sweet FAMILY and we are thee ONE FAMILY.

writing & photograph by JOHNNY BROWN(Urano Takahiro)


(株)華凛灯 // KARINTOU.Co.,Ltd.

Thee Old Circus // opera // YELLOW BUNNY // Old GT // JB's = Johnny Brown FAMILY

// Daizzy and Luwez Carrol // and more...

Blog内容や商品に関するお問い合わせや質問、御意見はお気軽に下記電話番号かe-mailまでどうぞ

Tel // 03.6277.2947  e-mail // info@circus-hp.com

B102 EVIAN HIROH 2-32-23 EBISU SHIBUYA TOKYO JAPAN 150-0013.



*** 


 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote




2012-02-11 JOHNNY BROWN Blog




紹介したいことがあったんだ。

もともと「スコップ団」のことってこの方のおかげだった。

今連載しています。

YOUTUBEとかユーストリームにも記者会見の時の様子がアップされてる
と思うけど、その時も感動を憶えるほどだった。

いろんな想いが沢山、とても深く詰まっています。
本当にすごって。

心から思った。

さぁ今日から3/10まではひと月を切るんだな。
前のめりで動きましょうよ。

「カッコつけて」生きること。

>>>
 糸井重里さんのページ

きっと悪いことじゃないって読んだら想うと思いますよ。

了ちゃんは一昨日うちに寄ったあと糸井さんのところへ向かいました。



「スコップ団とのアイテム」は2/20日くらいに締め切ります。
メールでもいいし、電話でもいいし
WEB SHOPからでも買えるので
宜しくお願い致します。
手を貸して下さい。


 


***


THANKYOU for all my Sweet FAMILY and we are thee ONE FAMILY.

writing & photograph by JOHNNY BROWN(Urano Takahiro)


(株)華凛灯 // KARINTOU.Co.,Ltd.

Thee Old Circus // opera // YELLOW BUNNY // Old GT // JB's = Johnny Brown FAMILY

// Daizzy and Luwez Carrol // and more...

Blog内容や商品に関するお問い合わせや質問、御意見はお気軽に下記電話番号かe-mailまでどうぞ

Tel // 03.6277.2947  e-mail // info@circus-hp.com

B102 EVIAN HIROH 2-32-23 EBISU SHIBUYA TOKYO JAPAN 150-0013.



*** 


 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ