ヒトリゴト歩き

DESIGNER / URANO TAKAHIRO

April 2012




2012-04-09 JOHNNY BROWN Blog




外はとても暖かだ。
桜も咲き誇ってる。
なんかいいね。

学生達は少し背伸びしてるように見える。
街をあまり歩かないから分からないけど、きっと新社会人とかもいるんだろうね。
少しだけでも明るい未来を感じたい。
春だもん。

うちの事務所であり店は地下だからこれだけ外が暖かくても随分と逆行して
涼しい。
涼しいってよりは寒いくらいだ。

事務仕事で少し手がかじかんでる。
元々血行が良くないせいだね。
手が思った通りに動かない。
よほど暖かい季節にならない限りはいつも俺の手はこんな感じ。

単車の運転の時とかいつも困るんだ。
まぁたいして気にはしないけど。

今週末南三陸町って場所へ行ってくる。
だから少しづつ書こうと思った。

なにから書いていいのか手探りだ。

きっかけは「ふんばろう東日本」から。

いくつものプロジェクトをしている。
本当にすごいと思う。

最初に知ったのは随分と前で俺は何度かここにも書いているけど糸井重里さん
のHP
を良く見ている。ちょうどここ1年くらいは毎日見ている。
日課の1つ。

そこで「ふんばろう」を立ち上げた西條さんと糸井さんとの対談があったのが
きっかけだ。
糸井さんは「スコップ団」とも繋がっていく。

対談を少し読んでいてとにかく衝撃を受けたのを憶えている。
すごくクレバーで無駄がなくて、かつスムーズに現地への支援方法を生み出している。

「こんな考え方をこの状態から生み出せる人が居るんだ!」

ってのが素直な感想だった。
俺には到底出来ない。
出来るわきゃないわね。俺はあまりにも感情と突発的に動くことしか出来ないし
頭の出来も良くないしね。

西條さんは早稲田大学の先生みたい。
あと自分の伯父さんを震災で亡くしている。

すぐに自分になにが出来るか考えた。
こんな小さな会社で2人しかいない。

これは「one FAMILY」にも言えることなんだけど、くやしいというか歯痒いというかね、
俺の全部をどこかへ突っ込んでしまうとどうしても日常の仕事の手が止まる。
元々ゆとりがあってやっている仕事ではない。
お金の面にしたって正直いつもギリギリの運営だもんね。
それでも「自分で」というつもりと「続けること」の意義を持って「one FAMILY」を
始めた。それさえままならない自分が感銘を受けたからといって「ふんばろう」になにが
出来るのか。少しの空いた時間を使って考えた。

すぐに出来たことはやっぱりお金の支援だった。
自分の小遣い程度のお金を投入すること。

西條さんや「ふんばろう」が優れていると思ったことは「手」が「どこ」に「届いている」か
ということがちゃんと伝わること。
赤十字や他の支援機関、支援機構が悪いわけではなく「より具体的で明確に」例えば
振り込んだお金達が「どう」使われているかが見える違いが大きかった。

俺は未だに「one FAMILY」で集めたお金を持っている。
使ったのは震災初期段階で石巻、仙台を中心に物資を直接搬入させた時に当時の店長に使わせた
お金だけだ。

「なぜか?」

みんな「俺」を通して支援の為にお金を払ってくれた。
それを最終的に「見える形」のあるところに渡したかった。

「スコップ団とのアイテム」の時は明確に使い道がハッキリしていた。(花火ね)
だからそこに迷うことはある意味で必要なかった。

みんなが俺やうちのブランドを信じて託してくれたお金を見えない形で使って
欲しくなかった。
あとは自分が足を運ぼうと思ってそこで出逢う中でその使い道を模索しようとして
いたが実際には前の店長が居なくなってしまったりして、その為の時間を割けなかった。

西條さんの動きを見ていて何度も出来てきたフレーズがある。

「息の長い、かつ有効な支援を続けること」

その言葉や想いにとても助けられたんだと思う。
正直みんなから預かっているお金だ。
早く使ってしまいたかった。
想いはとても大きなものだ。

だけど、これが長いミッションになることは分かってたから自分にもブレーキをかけた。

最後まで支援先を決めれなかった要因の1つに「子供に向けて」という俺の
想いがあった。そしてそれをずっと探したけれどここだ!と決めきれる場所がなかった。

そしてそれを西條さんにメールしたことがある。
(逢ったことは未だにないのだけれど)

「子供に対する支援先でかつお金の使い方、その先が見える支援先って知ってますか?」と。
(実際にはもっと長い文面だったけど要約するとこんな感じ)

西條さんは丁寧に返事を下さった。

残念ながらそういった活動機関は西條さんも知らないというのが返答だった。
(すごい丁寧に赤十字のことやあしなが基金のことも教えて下さった)
でも、最後にこう付け加えてあった。

『子供を守るのは大人の役目です。大人を助けることがその周りの子供達を救うことにもなります』

ハッとした。

「子供へ」目を向けたいと思っていた。
そしてその気持ちは今も変わってはいない。
けれど西條さんの言葉にあったことはとても的を得ていると俺は思ったんだ。

現地には常駐出来ない。
子供は大人助けがないと生活は成り立たない。
だから今すぐに子供に対してなにかがしたくてもそれはある意味で永久的に続く
「後方支援」しかない。

であるならば、西條さんの言う通り大人を助ける為に動くこと。
そして「目の届く形」で「直接的」な支援をすること。

それがみんなが「俺んた」に預けてもらったお金ですることだろう。って。

大人は距離が離れていてもその間「自立」した「生活」は出来る。

そして「俺」が「持っているもの」から「分け与えられること」「手が貸せること」
それは「仕事」を通したものだって気がついたんだ。
「仕事」とリンクさせることで「恒久的で永続的」そして「直接的」な支援に繋がる。

それが今回南三陸へ行く始まりの話。

俺んたの仕事の基本フィールドはアパレルです。(俺は個人ではいろいろやってるけど)
アパレルと「ミシン」は切っても切れない縁です。

ふんばろう東日本プロジェクトの中に「ミシンでお仕事プロジェクト」というのがある。

俺らはこのプロジェクトと共に動くことに決めた。


続きはまた書きます。










***


THANKYOU for all my Sweet FAMILY and we are thee ONE FAMILY.

writing & photograph by JOHNNY BROWN(Urano Takahiro)


(株)華凛灯 // KARINTOU.Co.,Ltd.

Thee Old Circus // opera // YELLOW BUNNY // Old GT // JB's = Johnny Brown FAMILY

// Daizzy and Luwez Carrol // and more...

Blog内容や商品に関するお問い合わせや質問、御意見はお気軽に下記電話番号かe-mailまでどうぞ

Tel // 03.6277.2947  e-mail // info@circus-hp.com

B102 EVIAN HIROH 2-32-23 EBISU SHIBUYA TOKYO JAPAN 150-0013.



*** 


 
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




2012-04-07 JOHNNY BROWN Blog




頭がクラクラとする。
目眩のような気分。
体調はっていうと別に良くはない。

いい時の方が元々少ないからね。
今更どうしようったってどうしようもない。

音楽が溢れ出す。
PCからだ。

なんだかいいような悪いような気がするね。
部屋にはもうちゃんとしたオーディオってもんすらないんだもんな。
なんだかそれじゃいけないって今思った。

あったってなくたってどっちにしたってちゃんと聴く暇なんてロクに
ないかもしれないけどさ。
それでもなんだか音楽に失礼だって思ったりした。

今、今。

どうせすぐに忘れちまうかもしれないけどね。

「忘れる」

どういう仕組みなんだろうね。
わかんねぇや。
こんな足りない頭じゃ分かるハズもないけど。

今あることで手一杯。
目の前のことを文字通りやっつけるだけで精一杯。
それでもいつかっていう確約のない未来を想像するのはとても
楽しかったりウキウキしたりもする。
そういうところはちゃんと人間だ。

あとは時々落ち込んだり、凹んだり、悩んだりもする。
頭はガラクタみたいに悪いけど、そういう部分はちゃんとしてたりする。

日によっては結構落ち込んでたりもすんだぜ。
当たり前か。

もし明日って日が約束されているならば、

俺はきっと今日をさぼるような気がする。
ようするにわりと手を抜く性分なんだろうな。

でも、毎日明日は約束されてないと思う。
いつもなんかよくわからないけど、焦ってる。
いつもいつも焦ってる。

だからなんか落ち着かない。
今日、今やらないとって。

もったいないお化けに追いかけられるような気分でさ。





***


THANKYOU for all my Sweet FAMILY and we are thee ONE FAMILY.

writing & photograph by JOHNNY BROWN(Urano Takahiro)


(株)華凛灯 // KARINTOU.Co.,Ltd.

Thee Old Circus // opera // YELLOW BUNNY // Old GT // JB's = Johnny Brown FAMILY

// Daizzy and Luwez Carrol // and more...

Blog内容や商品に関するお問い合わせや質問、御意見はお気軽に下記電話番号かe-mailまでどうぞ

Tel // 03.6277.2947  e-mail // info@circus-hp.com

B102 EVIAN HIROH 2-32-23 EBISU SHIBUYA TOKYO JAPAN 150-0013.



*** 


 
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




2012-04-06 JOHNNY BROWN Blog




実際に書いているのはランダムな時間で今は夕方。

でも、BLOGとして上げるのは夜中。
なんだかそういう風にした。

それで今はいい。

書きたいことは沢山ある。
許されるなら一日中だって書いていられる。
書くことで自分を落ち着かせたり、なにかを思い出させたり、やる気にさせたり。
俺にとって「書く」ってのはそういうことだったりもする。

「自己療養のささやかな手段」

それはただの試みだけだとしてもさ。
そんなフレーズどこかにあったような気がした。

どうせ書いてもすぐにどこかへ置いてきてしまう俺の記憶だから仕方がない。
それでもいいやと思えるんだわ。
今は。

嫌なことが沢山ある。
煙草を吸おうと思ってるのにライターの調子が悪いとか。
金がないだとか。

最初のはどうでもいいね。
でも、後ろのは本当にそう思う。
特にここ一年常に思ってきた。
くやしいくらいに金がない。
元々ないんだもんね。
当たり前だ。

でも、こんな風に思ったことはなかった。
自分の遊ぶ金なんて正直どうでもいい。
煙草が買えて、時々出先の息抜きに入るマクドナルドでコーヒーを飲む時に
ケチらない程度に思えるくらい。

背伸びしても仕方ないし、そんなことになんて興味も憶えない。

でも、誰かがどっかで困ってるのに自分から分けられないってのは悔しい。
「分けられる」
そうじゃなきゃ長続きさせられない。
俺はそんな風に思うし、俺なんて全然デキの悪い人間だからそう思ってしまうと
思う。んで、そんな風になんて思いたくもないしね。

だったら懸命に「仕事」をして「分けれる」ように。
今はそんな風に思ってる。

出来ればちいさくても細くてもなにかの形で「仕事」として繋がれるように。
俺にとって仕事はライフワークでもある。
切っても切れないし、もう全部を繋げておきたいくらいのもん。
だったらそれをくっつけてしまえばあとは自然と勝手に続いていく。
現地へ行く用事が増える。
たいしてゴハンの量は食べられなくても、コーヒーの一杯は向こうで飲むだろう。
それもちいさくても大切なこと。

なにより、現地の場所を見れること。
そこはやっぱり自分にとっても故郷だと思えること。
それが大切だと思ったりする。

「この身を削って」なんて格好はつけらんねぇ。
出来ないことは約束したくもないし。

出来ることをする。
それをいつだって楽しめるように。
そう、楽しんでさ。

それが俺のスタンスだと思うんだ。

さぁて、今日もまだまだやろうって思う。
そう思えるってありがたいことだね。



***


THANKYOU for all my Sweet FAMILY and we are thee ONE FAMILY.

writing & photograph by JOHNNY BROWN(Urano Takahiro)


(株)華凛灯 // KARINTOU.Co.,Ltd.

Thee Old Circus // opera // YELLOW BUNNY // Old GT // JB's = Johnny Brown FAMILY

// Daizzy and Luwez Carrol // and more...

Blog内容や商品に関するお問い合わせや質問、御意見はお気軽に下記電話番号かe-mailまでどうぞ

Tel // 03.6277.2947  e-mail // info@circus-hp.com

B102 EVIAN HIROH 2-32-23 EBISU SHIBUYA TOKYO JAPAN 150-0013.



*** 


 
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




2012-04-04 JOHNNY BROWN Blog




暇じゃねぇ。

もちろん、時間もなんもない。
いや、あるんだわ。
だって一日って24時間って決まってるから。
忙しいっていう時間があるだけのことなんだよね。

入り口があって出口があること。

川の流れとかに出口がどこかっていうかそれはさっぱり分からないけど、
そういうことを想像した。

流れっていうこと。

リズムが悪い。
効率も悪いだろうな。
スムーズじゃない。

水に例えるとさらさらじゃない水。
100%のトマトジュースみたいな。
水じゃないけど。

いろんなことに気がつく。
ちょっとした時間があったからだ。
そういうことに気がついた。
気がつくってことに気がついたんだ。
珍しく電車になんて乗ったからだろうな。
潔く本が読める。

だから電車も悪くないって少しだけ思った。

でも、人が居ると具合が悪くなるから嫌だ。
動悸がする。
そのくらい基本的には嫌い。
公共機関って全部だいたいそうなんだけどね。

あまりにも元々社会に適合出来ていないんだろうな。

1人で乗ると特にそうだ。

見た目も悪い、心の中身もロクな人間じゃない。
ボロボロだ。
だけど、こういう部分も情けない。
まぁいいや。

本が読めるんだ。
そう思ったら少しだけ平気になれそうな気がしたし。

南三陸へ行く準備をしている。

たぶん来週末。
誰か一緒に行く?
でも日曜に出て月曜の夜帰りかも。

調べてみたら遠かった。
足を延ばして青森まで行きたい。
逢いたいヤツもいるし。

ビックリした。
南三陸からも相当遠い。

ははは(笑)

遠いわ。
そんな数分で調べられること。
分かっていていつもそれより先に出来事を決める。
いつもそう。

なんも考えていない。
あとから。

だから行ってみて、言ってみて、あとからビックリする。
でもまぁ、ビックリするだけのことだわ。
後悔も反省もしない。

あ、今ラジオで高田純次先生がしゃべってる。
おもしろ過ぎる。
水曜日、木曜日は基本的には店が休みだからPCでRADIOをつけながら
仕事してたりする。

ある意味至福の時間。

週末に弟小僧に聞かれた。

「兄さん趣味って言われたらなんて答える?」

『あ〜今はなんとも言えるもんがないわね、昔は読書とRADIOって言ってたね』

別に意味はなんにもないけど。
そういうこともあったなってだけのこと。

本を読むとなにかを書きたくなる。
なにかを書くと自分のあまりに文章の稚拙さにガッカリしてまた本を読みたくなる。
本の中は神聖で静寂の世界。

さぁ今日がまた終わって今日が始まる。

東北ってヒトコトは簡単だな。
簡単。

でも、広いんだな。
そんな今更なことに気がついた。

そう気がついたら、きっとまだ「手を貸せる」人も沢山いんだろうな。

あれだけ広いんだ。
きっといるだろう。

さぁまた探しもんの旅の始まりだね。

楽しみだ。
悲しみの向こう側をいつだって楽しめるように。





***


THANKYOU for all my Sweet FAMILY and we are thee ONE FAMILY.

writing & photograph by JOHNNY BROWN(Urano Takahiro)


(株)華凛灯 // KARINTOU.Co.,Ltd.

Thee Old Circus // opera // YELLOW BUNNY // Old GT // JB's = Johnny Brown FAMILY

// Daizzy and Luwez Carrol // and more...

Blog内容や商品に関するお問い合わせや質問、御意見はお気軽に下記電話番号かe-mailまでどうぞ

Tel // 03.6277.2947  e-mail // info@circus-hp.com

B102 EVIAN HIROH 2-32-23 EBISU SHIBUYA TOKYO JAPAN 150-0013.



*** 


 
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




2012-04-03 JOHNNY BROWN Blog




ある夜のこと。

手帳を開く。

羅列された文字のメモ。

たくさんの言葉。

忘れていることとその事柄。

過ぎ去った時間。

消えない印。


目が落ちそうになる。
なんでだろう。
眠いといえばたしかにそうだ。
国内の短くない距離を移動し、そのまま海外へ行った。
日々の仕事はいつも通りで一向に減らない嵩を増す蟻塚。

転がったペンはいつも通りに横にある。
書くことを続けるということ。
それが今出来ること。
それも一つのことだと信じて。

命をしばらく預かっていた。
可愛い命。
そして小さな。

預かりものはいつしか自分たちのものにもなった。
最後はとても悲しかった。
悲しくてうれしかった。

そう、うれしかった。

ある日のこと。
ある日曜日。





***


THANKYOU for all my Sweet FAMILY and we are thee ONE FAMILY.

writing & photograph by JOHNNY BROWN(Urano Takahiro)


(株)華凛灯 // KARINTOU.Co.,Ltd.

Thee Old Circus // opera // YELLOW BUNNY // Old GT // JB's = Johnny Brown FAMILY

// Daizzy and Luwez Carrol // and more...

Blog内容や商品に関するお問い合わせや質問、御意見はお気軽に下記電話番号かe-mailまでどうぞ

Tel // 03.6277.2947  e-mail // info@circus-hp.com

B102 EVIAN HIROH 2-32-23 EBISU SHIBUYA TOKYO JAPAN 150-0013.



*** 


 
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




2012-04-02 JOHNNY BROWN Blog




長いこと話をしていた。

いろんなこと。

今日までの日のこと。
今までのこと。

数時間仕事の手が止まる。
時計の針は止まることがなくても。

なにかに繋がる。

そう信じてる。
こういう長い話もそうだし。
普通に過ぎる、自然過ぎるありふれた日々も。
今日も。

どこかへとは繋がっている。

焦る気持ちはいつだって胸の奥にある。
いつだって、いつだって。

どこかへいきたくなる気持ちがないわけじゃない。

届いたメール。
なんだかうれしかったりして。
海の近くへ。

暖かくもなってきた。
いいかもな。

いいかもな。

さぁ今日も今日が終わって今が始まる。



***


THANKYOU for all my Sweet FAMILY and we are thee ONE FAMILY.

writing & photograph by JOHNNY BROWN(Urano Takahiro)


(株)華凛灯 // KARINTOU.Co.,Ltd.

Thee Old Circus // opera // YELLOW BUNNY // Old GT // JB's = Johnny Brown FAMILY

// Daizzy and Luwez Carrol // and more...

Blog内容や商品に関するお問い合わせや質問、御意見はお気軽に下記電話番号かe-mailまでどうぞ

Tel // 03.6277.2947  e-mail // info@circus-hp.com

B102 EVIAN HIROH 2-32-23 EBISU SHIBUYA TOKYO JAPAN 150-0013.



*** 


 
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ