***



11





取引先さんでもある、兄貴のシートの後ろ。
本当に二輪の乗り物はカッコいいね。
さてさて、おっきな方のバイクの免許がないので、そろそろ取りに行こうと思います。
その手前夏が終わる前に、とりあえず昔のバイクを持ってこようと心に決めましたね。

さてさて、真夏の真冬の展示会がいちおう幕を閉じました。
いろんなことを今回も考え、考えさせられましたね。
別に出来上がった洋服云々かんぬんとかだけじゃなくて、いっつも言っているけど、
僕らにとってのファミリーに対して自分たちがどう、なにをどこまで想えるのか、
取引という形だけの、形式だけのものだけでなくてその先にいる皆様も僕らにとって
のファミリーであるということ。そのありがたさや、奇跡のような足跡のこと。

エアコンと(真冬展ですからね、それでも民家事務所は涼しくならずみなさんには汗だく
で試着していただけて感謝です)外の猛暑にやられて体はグッタリです。
本当にちょっと危険な危うさの中での次回への時間のなさでの新たなる闘い。

昔はね、お店だったからメーカーさんって時々展示会だし、結構時間的余裕があると
勝手に思っていました・・・ごめんなさい。

全くもって時間が足りない。僕の企画力が単純純粋に遅いのをさっ引いても全く足りない。
今回だって前回だっていつだって想う、「まだ出来たハズだ」って気持ち。
もっともっとしっかりやれたハズだっていつも想う。出し切りやり切ったつもりでいる甘さ。
いつだってそんな気持ちを忘れないように、いたいと想うよ。

まだまだ、力足りずですけどね。
この道を歩き限りはずっと続くんだと、想う。



***