***


あっついですね〜。びっくりします、この暑さに・・・。
いろいろな仕上げ作業をしつつ、遅れつつお盆も仕事をしているつもりでした。

しかし・・・『ルーキーズ』

泣きました。

いきなりですけどね、話的には。

あのですね、ことの発端は取引先の兄貴分の人が『マジでやばいぞ、号泣した』
という、見た目的には全く涙に縁のなさそうな風体で言ったことに始まります。
この兄貴はホントに見た目はおっかない人で、びっくりします。番長的なオーラが
存分に体に備わっている人です。でもね、いっつも僕たちのことを心配してくれり
僕自身のことも「いい弟分」と呼んでくれます。
見た目とは裏腹に(僕がそんなに人のことを言えないぞ、と心ない人もいますが)
こういう兄貴肌だったり、いわゆるあからさまなヤ◎キー上がりの人はとっても
情にも厚いのだといつも想います。

そしてそんな兄貴が号泣したと噂のこのドラマ。すでにだいぶ前にやったやつなんで
すってね?僕は最近のマンガやドラマや映画にまったく疎いので・・・。
典型的なヤンキー漫画の青春、しかも野球!!スポーツ学園モノ+ヤンキー!

最高です。







泣きました。






14





映像で涙を流したのはきっと「アルマゲドン」以来・・・(古い!!)



基本的に『ろくでなしBLUES』の頃はこの人のマンガはとても好きでしたが、これは
もう学生が終わった頃にやっていたマンガだそうで、その頃にはもうあまりジャンプ
だとかのマンガを読んでいなくて、噂くらいは聞いていたんですけど巡り逢う機会が
なくて。


はっきり言ってドラマですからそれは作り物とか言われちゃうかもしれないし、もちろん
マンガからですから実話ではないだろうし。でもそんなこと関係ないんだと想うんです。
そこに在る世界。自分の中に生まれた新たな世界。もちろん自分はそこの登場人物では
ないのだけれど、きっとやっぱりその世界の中にも夢が、希望が沢山あって特に出てくる
のがヤンキーだから・・・もう涙でて、涙でて・・・

一人きりの事務所でパソコンの画面に向かって『打て!』とか小声で言ってて、
とっても夢中になりました。

高校生のお話だったからいわゆる『青春もの』だと想うんです。
でね、話の中で沢山の言葉が出てくるんだけど、「夢を持て!」とか「あきらめるな!」
とかさ、あと「今しかねぇんだよ!!」とか。
青春ってなんとなく十代とか高校生とかってイメージばっかり。

でも、別に僕は今だってそうだって言いたいし、そう言い続けたいし、いつまでも
青臭いモノに憧れていたいって想います。そして想いました。たかだかドラマだとか
言うのもいいんだけど、たかだかドラマに泣かされて、勇気づけられたり元気をもらったり
変な話、出てきた作られた世界の登場人物にも「負けたくねぇ!」って想った自分が居た。

たまにはいいもんですね、こういうドラマとか映画とか。
忙しい急がしいと言って自分を追い込んだりするのが自分の性格ではあるのだけれど、
もっともっといろんな世界に触れて、いろいろなモノへ向かっていきたいって想います。

なんかちょっと普通の日記みたいになってしまいましたが。ごめんなさいね。



暑いから水分補給を忘れずに!



***