Designer's note 2016.03.13_01




「美しく紡がれ汚れゆく言葉たち」


デザインの中に在るべき姿




どこかで聞こえる小さな泣き声。
果たしてそれはどこからのものなのか?

追憶の空。
真っ白な世界の中に佇む灰色の心。

ある朝の目覚め。
そこには誰も居ない。
「僕」さえも。

小さな声と、その泣き声を探して歩き続ける。

忘れていたもの。
忘れかけていたもの。
捨て去ってしまったもの。

数え切れない。

全ての過去。

いつか見た夕焼け空は赤かった。

いつか見た海の色は蒼かった。

僕だけが椅子取りゲームの勝者だった。



たったそれだけのこと。

たった。 



Write by URANO TAKAHIRO.