DESIGN NOTE

DESIGNER / URANO TAKAHIRO

タグ:blog


2016031301

THEE OLD CIRCUS & OLD GT.
1973 and Old Number , Opera , more by JOHNNY BROWN design.


架空と現実のその隙間のシュチュエーションに生まれたデザインとアイテム群。
額に入るモノ作りではなく、着込まれいつかはボロボロとなり最後には原型の
欠片も残さぬように。それが僕らのモノへ対する愛情であり願いと望み。
錆びた音とかすれた風。

華やかさとそして喧騒的でありながらその表の顔と帰る場所を持たずに漂う。
ひとときの余韻を残しその地を去っていく儚さ。
モノ作りへ自分たちの立ち位置をサーカスに照らし写しブランドネームとして掲げる。



Official Website <<< HPはこちらから
 
Garage EDEN <<< Garage EDEN BLOGはこちら

FAMILY NEWS <<< 不定期配信メールについてはこちら

facebook <<< JB BOSS FACEBOOKはこちらから

Twitter <<< ツイッターはこちらから

Garage EDEN WEB STORE <<< Garage EDEN online store



        (株)華凛灯 // KARINTOU.Co.,Ltd.







このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote




2013-02-10 JOHNNY BROWN Blog





よーいちくん-LOOK BACK-





振り返るみち

振り返るおもい

振り返るけしき

振り返るじぶん

いつも太陽が背中を照らしてくれる







LOOK BACK


----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


THANKYOU for all my Sweet FAMILY and we are thee ONE FAMILY.

writing & photograph by JOHNNY BROWN(Urano Takahiro)


----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


  
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote




2013-02-03 JOHNNY BROWN Blog







よーいちくん-MOMENT-




どこにでもあるひとつの心が別の心を呼び込んでくる

逃げるように

足早に

僕は

ぼくは

飲み込まれないように

僕も

ボクも

吸込まれないように

心を強くすること

忘れないでいること




MOMENT


----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


THANKYOU for all my Sweet FAMILY and we are thee ONE FAMILY.

writing & photograph by JOHNNY BROWN(Urano Takahiro)


----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


  
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote




2013-01-20 JOHNNY BROWN Blog





よーいちくん-REAL--







ニセモノのような自分

ホンモノってなんだろう?

自分の中に居る

ニセモノ

ホンモノ



REAL


----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


THANKYOU for all my Sweet FAMILY and we are thee ONE FAMILY.

writing & photograph by JOHNNY BROWN(Urano Takahiro)


----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


  
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote




2013-01-20 JOHNNY BROWN Blog





よーいちくん-junk-






気がつくと

ガラクタの上に立っていた

気がつくと

自分もガラクタのようになっていた

気がつくと

気がつくと




junk


----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


THANKYOU for all my Sweet FAMILY and we are thee ONE FAMILY.

writing & photograph by JOHNNY BROWN(Urano Takahiro)


----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


  
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote




2013-01-12 JOHNNY BROWN Blog






よーいちくん「BYE」






「またね」

彼はそう言う。

「またね、またね、またね・・・・」

何度も何度も繰り返す。

旅が繰り返されるように。

悲しい終わりの旅が、また新しい旅の始まりだっていうことを彼は知っているから。

真っ白な少年の彼はそれを知っている。

またね  いつか  その  コトバ 


WHITE MIND


----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


THANKYOU for all my Sweet FAMILY and we are thee ONE FAMILY.

writing & photograph by JOHNNY BROWN(Urano Takahiro)


----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


  
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote




2012-10-18 JOHNNY BROWN Blog





少し落着いてからってずっと思っていて。
そのままなにも書けていなかったこっちのブログ。

手紙のようになにかを書けたらいいなって考えてた。
特別なプライベートな時間があるわけじゃない。
俺って人間は。

EDEN BLOGがそのまま。
プライベートも仕事も東北へ行くことも全部が俺であって全部が一緒。
じゃぁこれはなにを書く。

そうなると言葉に詰まる。
だから書かない?

元々俺が持っていた言葉とはなんだろう。
そんなことを思ったりもする。
昔は毎日書いていた。
今はそうもいかないな。
正直なところそう。

店にまたしっかり立ちたい。
そう思うようになったから現実的に不可能だ。
だったらどうする?

より深いプライベートなこととか?

書かないよ。
さっきも言った通り俺にはそんなもんないしね。

ライフワーク。

素敵な言葉だ。

全部が一つになるって感じ。

さてさて。
どうするかな。
答えがないままに書いている。

なにか考える。
特別なこと。
ここに書いて伝えたいこと。

なければそろそろまとめようか。
そんなことも考えるな。
別のカタチにして見れるようにしたりとか。
そういうのもいいかもしれない。

潮時。
そんなことも必要だ。
無駄が多い人生だから、俺。
時々思う。

それが嫌ってわけじゃない。
そうそんな自分でいいやって心から思ってるから。

またね。

また。




----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


THANKYOU for all my Sweet FAMILY and we are thee ONE FAMILY.

writing & photograph by JOHNNY BROWN(Urano Takahiro)


(株)華凛灯 // KARINTOU.Co.,Ltd.

Thee Old Circus // opera // YELLOW BUNNY // Old GT // JB's = Johnny Brown FAMILY

// Daizzy and Luwez Carrol // and more...

Blog内容や商品に関するお問い合わせや質問、御意見はお気軽に下記電話番号かe-mailまでどうぞ

Tel // 03.6277.2947  e-mail // info@circus-hp.com

B102 EVIAN HIROH 2-32-23 EBISU SHIBUYA TOKYO JAPAN 150-0013.



----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


  
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote




2012-08-20 JOHNNY BROWN Blog






当たり前のように「なにか」を書けること。
当たり前のように「なにも」書けないこと。

そんな風にして今は過ごしている。

出来ること。

出来ること。

沢山あるけれど、その準備の為の順序の道筋立ての日々。

伝えたいこと。

伝えるべきこと。

どこまでいっても「自分」という枠の小ささを感じる。

自分で居続けることはエゴの塊でもある。

自分、自分、自分。

連鎖は続く。

螺旋のように。

気がつくと高い塔へ独りきりで登っているような感覚。

そしてまた気がつくと登ってきた螺旋状の階段は取り外されている。

風で飛ばされてしまった梯子のように。

まだまだ歩けるし、なにより歩く気がある。
それだけが救いのような気もする。
出来ることも、出来ないことも含めての「出来ること」へ繋がるように。

電話が鳴った。
南三陸町から。
明日また電話をこちらから掛けよう。

俺には用事がある。
その場所に。
その人達に。

花が咲く。
それは生花ではない。

だから咲き続ける。
写真を見せてもらったことがある。

「こういう仕事もしているの」

前から。

そう言っていた。

頼みたいことがある。
思いついたこと。
メモ書きのような途切れ途切れのような頭。
すぐに忘れてしまう。
だからすぐに書き留める。

砂漠に落ちた珍しい雨のようにすぐに消えてしまうから。

忘れないように。
忘れないように。

今日もそんな日だ。







***


THANKYOU for all my Sweet FAMILY and we are thee ONE FAMILY.

writing & photograph by JOHNNY BROWN(Urano Takahiro)


(株)華凛灯 // KARINTOU.Co.,Ltd.

Thee Old Circus // opera // YELLOW BUNNY // Old GT // JB's = Johnny Brown FAMILY

// Daizzy and Luwez Carrol // and more...

Blog内容や商品に関するお問い合わせや質問、御意見はお気軽に下記電話番号かe-mailまでどうぞ

Tel // 03.6277.2947  e-mail // info@circus-hp.com

B102 EVIAN HIROH 2-32-23 EBISU SHIBUYA TOKYO JAPAN 150-0013.



*** 


 
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote




2012-07-13 JOHNNY BROWN Blog







忘却の空のような俺の頭ん中。

ふんわりと、ふんわりと。

全部がカラカラと音を立てて崩れて消えていく。

泡が静かに弾けたあとに水面に消えていくように。

そんな気がしてばかりいる。

夜中に起きる。

朝方に目が覚める。

目から見えるくすんだ世界がそこにはいつもあって、それを知って俺はどうする?

街から離れたこの場所で。


電話をしよう。

次へのきっかけの始まりの電話をさ。

電話が苦手な俺だけれど、それが一歩の始まりだって知ってるから。

それが始まりだって信じているから。

電話をしよう。





00





05









***


THANKYOU for all my Sweet FAMILY and we are thee ONE FAMILY.

writing & photograph by JOHNNY BROWN(Urano Takahiro)


(株)華凛灯 // KARINTOU.Co.,Ltd.

Thee Old Circus // opera // YELLOW BUNNY // Old GT // JB's = Johnny Brown FAMILY

// Daizzy and Luwez Carrol // and more...

Blog内容や商品に関するお問い合わせや質問、御意見はお気軽に下記電話番号かe-mailまでどうぞ

Tel // 03.6277.2947  e-mail // info@circus-hp.com

B102 EVIAN HIROH 2-32-23 EBISU SHIBUYA TOKYO JAPAN 150-0013.



*** 


 
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote




2012-07-06 JOHNNY BROWN Blog






「ヒカリ」を求めて歩く人。

そんな人が居る。

随分と昔に原宿を歩いてて、左に脇に見えた小さな個展の会場。

入り口はFREEになっていて、中は暗がりだった。

「灯火」が見えたから中に入ってみた。

キャンドルの灯りと奥の方ではスクリーンに映像が流れていた。
スクリーンを眺めていると、どこかの見知らぬ風景が溢れ出す。
抑揚のない止まりそうなトーンの音楽と僅かな人の動き。
決して長い映像ではなかった気がする。
なんだったのか、俺には分からなかった。

分からなかったけど、なにか心の奥の琴線に触れた気がした。

もう一度キャンドルを見た。

確か暖かい季節のようだった気がする。
外に出ると小さな臼のようなものに棒をぐるぐるとさせて音を出している
若者が居た。

「あの、それはなんですか?あとこの個展の場所の人って居ます?」

そんな風に聞いたと思う。
今に比べたら俺はずっと横柄ではなかったんだろうな。

『これは不思議な音が出る楽器のようなものです。共鳴して音が鳴るんだ。
 あと、「ここの場所」の人は今はここにはいないんです』

個展なのに関係者がいないとは不思議だなって俺は思ったんだけど、俺の
聞き方が悪かったんだな。

「ここの場所」ってのは「個展会場」って勘違いしたらしい。

主宰の人間は彼だったんだ。
それはのちになって気付くことだった。

彼は旅人のような人だ。
そう思った。

田舎へ帰り、とある先輩にそこで見たキャンドルの話をした。

『知り合いだよ、たぶん』

先輩はそう言った。

「本当!?俺に今度紹介してくれよ」

先輩は快く承諾してくれて東京までその後2人で行った。
道中俺は先輩に

「なんの知り合いなん?」と聞いた。

『弟の同級生』

地元が一緒であること、先輩の知り合いであったこと。
全部なにかが仕組まれているような気がした。
でも、今になって自分のこんな足で歩いてきた年月の全てがそうなのだな。

切れてしまって辿り着けなかった糸もあって、細いながらもなにかの
きっかけを俺が待っていたものにみな結び付いた。

今は確信を持ってそう言えるような気がするんだ。

情けないのかもしれないけど、俺はそんな偶然にいつも身を任せてきた。
自分で選択する勇気がなかっただけなのかもしれないけれど。

二度めに彼に逢った時、彼は俺のことを憶えてはいなかった。
それはそうだと思った。関係のないこと。
先輩は俺を紹介してくれて、話をした。

後日俺は1人で彼の元へと行った。
暗がりの二階の部屋で少し話をした。

見たことのない世界と見たことのない部屋。

地図の中を彷徨い歩いて辿り着いた場所みたいだった。

もう、ずっと前の話だ。
そんなことに気がつくのだって時間が掛かる。
つくづくと頭が悪い自分に時々苛々してくる。
そのうち全部を忘れてしまいそうだ。
そう思うようになってからは毎日のことを日記のように手帖に書く。
何時に起きて、なにをして、時々なにを食べたのか、どこへ行ったのか。
明日はなにをすべきか、来月は、来年は、そして「今」は。






07





03










***


THANKYOU for all my Sweet FAMILY and we are thee ONE FAMILY.

writing & photograph by JOHNNY BROWN(Urano Takahiro)


(株)華凛灯 // KARINTOU.Co.,Ltd.

Thee Old Circus // opera // YELLOW BUNNY // Old GT // JB's = Johnny Brown FAMILY

// Daizzy and Luwez Carrol // and more...

Blog内容や商品に関するお問い合わせや質問、御意見はお気軽に下記電話番号かe-mailまでどうぞ

Tel // 03.6277.2947  e-mail // info@circus-hp.com

B102 EVIAN HIROH 2-32-23 EBISU SHIBUYA TOKYO JAPAN 150-0013.



*** 


 
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ